ハリウッド映画中心。キャストに重点をおいてレビューしてます。 主にWOWOWで鑑賞。 旧作につきましてはネタばれの場合がございます。

  映   画   小   僧   の   映   画   感   想


いらっしゃいませ♪ 

コメント、TB大歓迎です(^O^)

クリックしてくださぁい☆

FC2 Blog Ranking
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログ 映画備忘録へ
にほんブログ村
-------- -- --:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
2014-11-19 Wed 00:00
ローン・レンジャー
ローン・レンジャー MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray]ローン・レンジャー MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray]
(2014/01/15)
ジョニー・デップアーミー・ハマー

商品詳細を見る
【THE LONE RANGER】

制作国:アメリカ  制作年:2013年

幼い頃に遭遇した悲しい事件への復讐(ふくしゅう)をもくろむ
悪霊ハンターのトント(ジョニー・デップ)は、そのスピリチュアル
な力で死の一歩手前の男、ジョン(アーミー・ハマー)を救う。
正義感の強いジョンは、目的を達成するためならどんな手段も
用いるトントと衝突するも、愛する者を奪われたことで豹変(ひょ
うへん)。マスクを装着し“ローン・レンジャー”と名乗り、トントと
一緒に巨悪に挑む。


出演:ジョニー・デップアーミー・ハマートム・ウィルキンソンほか
監督:ゴア・ヴァービンスキー
脚本:ジャスティン・ヘイスほか


おふざけコメディかと思っていたら、意外に真面目な
西部劇だった。

~~ネタバレ含む~~
ココはすき↓↓↓↓
〇新幹線の上ほどではないが、機関車の上での
 アクションは見どころ。
 かなりスピード感を感じられる。
 鎖に繋がれたままなので、ドキドキ。
〇と、同時に乗馬アクションもかなり見応えある。
〇レッドの飲み屋の雰囲気が好きだ。
〇年老いたトントの語りに沿って物語を見すすめる。
 話を聞かされる子供と同じ目線で見よう。


ジョニー・デップ
先住民のトント。頭にカラス(剥製化している模様)を
乗せた姿が特徴的。
仮装(?)させたら日本一。いや、世界一のジョニデ。
パイレーツ・・・・みたいな作品を想像していたのだが
違った。最初から最後まで登場するトント(老人)も
ご本人?だとしたら素晴らしい演技力だ。

アーミー・ハマー
主役のローン・レンジャー
イケメン長身。正義感の塊。
ローン・レンジャーの扮装もお似合い。
だけど、隣にどうしても目立つトントが居るからなぁ。

ウィリアム・フィクトナー
極悪人キャヴェンディッシュ。
いや、メイクが凄いこともあって最初わからなかった。
だっていつもスボーっとしたポーカーフェイスなのに
この映画では表情豊かなんだもん。
彼が敵役でヨカッタ。

ジェームズ・バッジ・デール
ローン・レンジャーことジョンの兄であり、好きな人の夫。
「24」シリーズのときからのお気に入り俳優。。。。の
筈なんだが、彼もメイクで毎回別人のように変わるので
分からない。主役級じゃないけど、映画にもよく出てる。

ルース・ウィルソン
ジョンの愛しの女性。
キャスリン・ターナーとミシェル・モナハンから個性を
引いたような女優さんだ。初めて見た。

ヘレナ・ボナム=カーター
キャヴェンディッシュに恨みを持つ村の住人レッド。
その名の通り髪の毛が真っカッカ。
ヘレナも扮装好き(ご本人の希望では無いだろうが)
今回は恐るべし象牙の脚を持っている。
出番のシーンは少ないのに強烈過ぎて印象に残る。



難を言えば・・・・
ローン・レンジャーになるまでが、ちと長く感じられた。




mia☆mia

スポンサーサイト
別窓 | アドベンチャー | コメント:4 | トラックバック:14 |
2014-10-24 Fri 00:00
パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々/魔の海
パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々:魔の海 2枚組ブルーレイ&DVD (初回生産限定) [Blu-ray]パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々:魔の海 2枚組ブルーレイ&DVD (初回生産限定) [Blu-ray]
(2014/03/05)
ローガン・ラーマンアレクサンドラ・ダダリオ

商品詳細を見る


PERCY JACKSON: SEA OF MONSTERS
制作国:アメリカ/フランス  制作年:1997年

ギリシャ神話の海の神<ポセイドン>と人間の母との間に生まれた
<半神(ハーフゴッド)>のパーシーは、不気味な<予言者>の言葉
から世界が危機にあることを知る。かつてパーシーの父ポセイドンが
全能の神ゼウスらとともに封印した神々の父<クロノス>が復活しよ
うとしているのだ。邪神<クロノス>の復活と世界の破滅を止められ
るのは<魔の海>に隠された<金の羊毛>だけ。パーシーとアナベ
スは、突如弟だと名乗り出た一つ目キュクロプスとともに危険な魔物
がうごめく<魔の海>へ乗り出していく・・・。


出演:ローガン・ラーマンアレクサンドラ・ダダリオ/ブランドン・T.ジャクソンほか
監督:トール・フロイデンタール
脚本:マーク・グッゲンハイム
原作:リック・リオーダン


前作の続きだよ♪
前のモノよりマンガっぽくなってた気がした。

~~ネタバレ~~
ココは好き↓↓↓
〇海馬など、夢のあるクリーチャーが登場する。
〇映像が綺麗!!!!
〇遊園地に行った気分を味わえるよ。
 まるでアトラクションに乗ってるみたいだ♪

ローガン・ラーマン
だいぶ少年っぽさが消え、大人になった。
ら、フツーになっちゃった気もする・・・・。
今回も大活躍。

アレクサンドラ・ダダリオ
彼女も大人になりました。レヴェン・ランビン扮する
クラリサと人気を二分するかな?

ブランドン・T.ジャクソン
彼も前作から続投。
キュクロプスの女性メイドに変装してるシーンは
面白かったな。

パーシーの異母兄弟キュクロプス・タイソン役の
ダグラス・スミス君がかっこいいと思った。
(もちろん、2つ目があるときのお顔ね)

またまた続くンだね。 (~_~)


mia☆mia

別窓 | アドベンチャー | コメント:2 | トラックバック:8 |
2014-04-08 Tue 00:00
LIFE!
LIFE! オリジナル・サウンドトラックLIFE! オリジナル・サウンドトラック
(2014/03/19)
サントラ、デヴィッド・ボウイ feat.クリスティン・ウィグ 他

商品詳細を見る

【THE SECRET LIFE OF WALTER MITTY】
制作国:アメリカ 制作年:2013年

雑誌「LIFE」の写真管理部で働くウォルター・ミティ(ベン・スティラー
)は、思いを寄せる女性と会話もできない臆病者。唯一の特技は妄想する
ことだった。ある日、「LIFE」表紙に使用する写真のネガが見当たらない
気付いたウォルターはカメラマンを捜す旅へ出る。ニューヨークからグリ
ーンランド、アイスランド、ヒマラヤへと奇想天外な旅がウォルターの人
生を変えていく。


出演:ベン・スティラーショーン・ペンクリステン・ウィグほか
監督:ベン・スティラー
脚本:スティーヴ・コンラッド


半年振り位に映画館で鑑賞!!!

一緒に行ったツレの見たい映画の時間に
合わせると、コレしか無かったので仕方なく選んだのだが。
・・・・・結果、見て大正解だった☆

世界各地を主人公と一緒に旅出来るロード・ムーヴィー。
大スクリーンで見てこそ感動できる1本♪

↓↓↓~~ちょっとだけネタバレ~~とココがよかった↓↓↓
〇上にも書いたけど、一生自力では行けそうにない国
 グリーンランドやアイスランド、ヒマラヤ山頂に誘ってくれる。
 ウォルターと一緒に世界旅行を楽しもう。
 山頂場面では一瞬息が苦しくなった=3
〇ウォルターはかなり空想癖がある。空想場面が多々登場。
 その都度アクションやミュージカルも楽しめるよ。
〇謎のネガ・・・1枚1枚が明らかになっていく。
 その様が楽しいし、肝心の25番が明らかになるのはラスト!!
 

ベン・スティラー
主役を務めながら、監督も彼。いぃ映画作るなぁ。
今回スケボーの腕前もかなりのものだと判明!!!
ベンは小柄だけど引き締まっててかっこいいのだ。
ウォルターの成長を観客たちは応援しながら
見守ったよ☆

ショーン・ペン
過激な役柄が多い彼。かなり個性的な俳優。
今回は天才カメラマン役。もちろんピッタリ。
追いついたかと思えば逃げてしまう。
追いかけっこが楽しい。

クリステン・ウィグ
ウォルターが想いを寄せる会社の同僚。
子持ちでハートの温かい女性。
空想シーンではギターと歌声も披露してくれる。
演技だけじゃなく歌まで歌えないといけないなんて
俳優はラクじゃないなぁ。

シャーリー・マクレーンも登場♪
年を重ねても可愛らしい人はずっと可愛らしいね。



ロスの空港で、『まさかの対面』も楽しい場面だった。




mia☆mia
別窓 | アドベンチャー | コメント:16 | トラックバック:14 |
2014-04-04 Fri 00:00
ジャックと天空の巨人
ジャックと天空の巨人 [DVD]ジャックと天空の巨人 [DVD]
(2014/03/05)
ニコラス・ホルトエレノア・トムリンソン

商品詳細を見る

【JACK THE GIANT SLAYER】
制作国:アメリカ 制作年:2013年

マンハッタンを闊歩するヘッジ・ファンドの大物ロバート・ミラー。
幼少の頃から「世界はM-O-N-E-Yの5文字で回っている」と悟り、
2008年の世界的金融危機も先見の明で回避。彼が率いる投資会社は、
今や飛ぶ鳥を落とす勢いだ。幸せな家庭を持ち、富を築き、慈善家で
人道主義者でもある彼は、一見誰の目にも非の打ちどころがない、完
璧な成功者。だが実は、投資の失敗から多額の損失を抱えていた。
その上、恋人との逢瀬で致命的な過失を犯してしまう。それから逃れ
るために嘘を重ね、危険な賭けに打って出るが・・・。


出演:ユアン・マクレガーエレノア・トムリンソンニコラス・ホルトほか
監督:ブライアン・シンガー
脚本:ダーレン・レムケほか


童話ベースの冒険物語。
楽しめたよ♪
「ジャックと豆の木」と「巨人退治のジャック」が
ベースになってるそう。

~~ネタバレ含む~~
前半はゆる~いペースだったけど、後半は怒涛のごとく進んでいく
ストーリーに飲まれちまった。
ひょっとして3部作になるのか?と思ってたけど、最後の30分の
ペースが速かったっ。

↓↓↓ココはよかった↓↓↓↓
〇豆から伸びた芽が瞬く間に蔓になり、天空まで伸びるときの映像。
 並びに、それを倒したときの迫力と動きのある様も圧巻。
〇巨人VS人間 闘いシーンは面白い。
〇巨人もひとりひとり個性があり、顔も違うんだよね。
 自然だったなぁ。
〇最後の一粒の豆。まさかあんな使われ方をするとは!!!

ニコラス・ホルト
ジャック役。
他の作品でも何回か観たことあるイケメン。
でも、なんとなく主役としては可も無く不可も無くみたいな。

ユアン・マクレガー
うーん。個人的に好きな俳優さんということもあり、何となく
主役より目立ってたかも。かっこいぃ役だし。
これぞ、元祖イギリス発音って感じの喋り方だったな、今回。
時代物&騎士役だからか。

エレノア・トムリンソン
王女様。かわいい女優さんだ。
でも、今度見ても思い出せない気がする・・・・。

スタンレー・トゥッチ 
こんなおじさんが王女のフィアンセだなんて笑わせる。
ちょっぴりワカヅクリだったかな。^^
こういったアドベンチャーものには無くてはならない
ような存在。

ビル・ナイ
ビル・ナイ。どこに出てんだー???って思ってたら
巨人役だったのね!!!言われてみれば。
肩にもう1つ頭がついた奇妙なボスOF巨人。


こうして見ればスタンレー以外の主要キャストはイギリス俳優ばかり。
ジャックと豆の木がイギリスの童話だから???


mia☆mia

別窓 | アドベンチャー | コメント:6 | トラックバック:5 |
2013-03-13 Wed 00:00
タイタンの逆襲
映画パンフレット 「タイタンの逆襲」 監督/ ジョナサン・リーベスマン 出演/サム・ワーシントン 、レイフ・ファインズ映画パンフレット 「タイタンの逆襲」 監督/ ジョナサン・リーベスマン 出演/サム・ワーシントン 、レイフ・ファインズ
()
アットワンダー

商品詳細を見る

WRATH OF THE TITANS
制作国:アメリカ 制作年:2012年

神々の力が弱まったことで、<冥界>に封じ込められた巨神<タイタン> 
クロノスの覚醒が始まり、地上にも異変が起こり始めた。続々と出現する
魔物たちに、逃げ惑う人々。クロノスが完全復活を遂げるとき、人類は滅
亡し、世界は終焉を迎える。勝ち目のないこの闘いに、立ち上がったのは
「人の心」と「神の力」を併せ持つ男・ペルセウス。そこは、人類がまだ
足を踏み入れたことのない禁断の地。未知なる脅威を衝撃を秘めて、今、
<冥界>での闘いが始まる。


出演:リーアム・ニーソンレイフ・ファインズサム・ワーシントンほか
監督:ジョナサン・リーベスマン
脚本:ダン・マゾーほか


タイタンの戦いの続編。
こういったものには大抵がっくりきちゃうことが多いが
そう期待せず見たせいか面白かった。
今回も、半分神様半分人間のペルセウスとその仲間の冒険活劇。

~~ネタバレちょとあるよぉ~~~
ストーリーも分かりやすいし、エンターテイメントとして
単純にワクワクできる。
見どころはやっぱり戦いのシーン。
のっけから頭が3つある怪獣との決闘。
今回もペガサスに乗って颯爽(?)を空を
飛び、掻い摘んで言えば新しい仲間たちと共に
山有り谷ありの険しき道を進みラスボスのタイタンまで
到達。

元はと言えば、内輪モメというか、親族で争いすぎだろう!
それに振り回される主人公たち。気の毒に・・・・。


サム・ワーシントン 
亡き妻イオとの間に息子が生まれ、人間として猟師として平和に
暮らしていた。前作より髪の毛が伸びた。
こういう戦いものやアクションものの超大作には必ずと
言っていいほど主演か重要な役を授かるサム。
見た目がかっこいいもんな。背ぇ高いし、見栄えがするわ。  


リーアム・ニーソン 
そのサムの父役の神様ゼウス役。
ダイスキ。
今回の作品中では、老けたり若返ったり忙しい。
10歳、20歳どころか1万年分も若返る・・・って。
羨ましいは通り越す規模のデカさだ。 


レイフ・ファインズ
ゼウスの兄、ハデス役。
彼も老けたり若返ったり大変。
その上、わるい人(神)なんかエェ神なんか、はっきりしない。


ロザムンド・パイク
前回は若い女優さんがアンドロメダ王女だったが、今回は
この人。
王女とは思えない逞しさ。男以上に勇ましく気高い心も持つ。
個人的にはペルセウスとはラブな関係になってほしくなかった。



ゼウスだけじゃなく、ポセイドンにも隠し子発覚。
半分神、半分人はこの世に案外たっくさんいるのかもねぇ。


巨人との対決や、ラビリンスの中の映像はとっても
楽しめたぞ。




mia☆mia


応援クリックおねがいします♪

にほんブログ村 映画ブログ 映画備忘録へ
 
にほんブログ村 映画ブログへ


別窓 | アドベンチャー | コメント:4 | トラックバック:4 |
| miaのmovie★DIARY | NEXT>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。