ハリウッド映画中心。キャストに重点をおいてレビューしてます。 主にWOWOWで鑑賞。 旧作につきましてはネタばれの場合がございます。

  映   画   小   僧   の   映   画   感   想


いらっしゃいませ♪ 

コメント、TB大歓迎です(^O^)

クリックしてくださぁい☆

FC2 Blog Ranking
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログ 映画備忘録へ
にほんブログ村
-------- -- --:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
2011-03-22 Tue 00:00
タイタンの戦い
タイタンの戦い 特別版 [DVD]タイタンの戦い 特別版 [DVD]
(2010/08/25)
サム・ワーシントン、ジェマ・アータートン 他

商品詳細を見る
【CLASH OF THE TITANS】
2010年 アメリカ

神とは、人間を守ってくれる存在ではなかったのか?
あろうことか、ペルセウス(サム・ワーシントン)は、愛する家族を
神に殺される-。時は古代ギリシャ世界。神の王であるゼウス
(リーアム・ニーソン)を頂点に、神々が君臨していた時代。
オリンポスの神殿では、人間と和解しようと12神と、それを拒むゼウス
が対立していた。そこへハデスが現れ、人間を懲らしめる時が来た
と進言、その役を任せてくれと申し出る。かねて
より神々を侮辱していたアルゴス国の国王と王妃の前に出現したハ
デスは、10日後の日蝕の日にクラーケンを放ち、都を滅ぼすと宣言する。
ただし、王女アンドロメダを生け贄に差し出せば、破滅は逃れられ
ると-。ペルセウスは、家族の仇を討つために立ち上がる。
あくまで人間として。世界の存亡をかけた戦いの行方は-?


出演:サム・ワーシントン/ジェマ・アータートン/マッツ・ミケルセンほか
監督:ルイ・レテリエ
脚本:トラビス・ビーチャムほか
 

これは以前見たパーシー・ジャクソンとオリンポスの神々ワンランク大人版
にしたような内容だった
エンターテイメントとして最上級♪ すごく面白かった☆

ギリシャ神話で聞いたことのある登場人物が次々に登場するのでワクワクするヨ。
主役のペルセウスはサム・ワーシントン。【アバター】はじめ、とても
美味しい役を次々に勝ち得ている彼。まぁ、文句なしにヒーロー顔だもんね。
その父親ゼウスはリーアム・ニーソン。やたら銀ギラしたコスチュームを身に纏った
神ではあるが、、、、似合う!! もうこの役。この人しかいない。と言えるほど。
戦いものなので、オトコばかりでムサムサする中、1人華を添えてくれるのが
ペルセウスの見張り:イオ役のジェマ・アータートン
彼女、透明感があってひたすら綺麗である♪ 色白でむっちんした肌質が
もぉモォモォ鼻血が出そうになったので、、、、、、、

驚きの連続だったクリーチャー系の紹介をバ・・・・
メデューサは、今回もひょっとしてユマ・サーマン出てきたらどうしようかと心配(?)
していたが、普通の綺麗な人だったので安心したような物足りなかったような。。。
クラーケンは、まぁ随分アレンジしたねという出来。
ペガサスは、往年の映画にもよく登場するが、この映画では飛ぶ様がとても自然。
本当にこんな馬がいてるのではないだろうか、と思うほどだ。
3Dで見ると、きっと3倍面白いだろうね

劇中。印象に残る台詞があった・・・・・
を助けられるのはだけ」
まさに、先日日本に起きた惨劇を立て直すための台詞のように聴こえた。

被災地の復興、復旧を願い日本中の国民が今立ち上がっている。
なにも剣と盾を使うばかりが戦いではない。

私たちの、小さな力をたくさん沢山集めればペルセウスになるのも夢ではないはず。

力を合わせて闘いましょう。

mia☆mia


応援クリックありがとうございます☆

にほんブログ村 映画ブログ 映画備忘録へ
 
にほんブログ村 映画ブログへ






               微力ながら、ワタクシもバナー貼らせて頂きました。

               FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集

スポンサーサイト
別窓 | アドベンチャー | コメント:4 | トラックバック:1 |
| miaのmovie★DIARY |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。