ハリウッド映画中心。キャストに重点をおいてレビューしてます。 主にWOWOWで鑑賞。 旧作につきましてはネタばれの場合がございます。

  映   画   小   僧   の   映   画   感   想


いらっしゃいませ♪ 

コメント、TB大歓迎です(^O^)

クリックしてくださぁい☆

FC2 Blog Ranking
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログ 映画備忘録へ
にほんブログ村
-------- -- --:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
2011-08-29 Mon 00:00
シャンハイ
シャンハイ
【Shanghai】

2010年 アメリカ・中国・日本

1941年、太平洋戦争勃発前夜の上海
日本軍占領下の混沌としたこの街に、米国諜報部員ポール(ジョン・キューザック
が降り立つ。彼の目的は、親友の死の真相究明。調査を進めるにつれ、浮かび上が
ってきたのは、中国・アメリカ・日本を巡る巨大な陰謀の影と、執拗にポールを
つけ狙う日本人将校・タナカ(渡辺 謙)、亡き友が愛した女・スミコ(菊地凛子
らの存在。そして彼はついに、事件のカギを握るギャングのアンソニー(チョウ・
ユンファ)と彼の妻アンナ(コン・リー)に辿りつく。だが、このアンナとの出逢
いにより、ポールの運命は大きく揺れ動くことに・・・。


出演 ジョン・キューザック コン・リー チョウ・ユンファ 菊地凛子 渡辺謙
   ジェフリー・ディーン・モーガン デヴィッド・モース フランカ・ポテンテ
監督 ミカエル・ハフストローム
脚本 ホセイン・アミニ
製作 マイク・メダヴォイ



サスペンス要素がたっぷりのロマンティック・ドラマ
あるいは、恋愛要素たっぷりのヒューマン・歴史サスペンス。


冒頭・・・・・
ジョン・キューザック演じる米国諜報部員ポールが詰問されるシーン。
「ミセス」とは一体?
そして、回顧シーンに移る。

物語が進むに連れて「ミセス」の正体も明らかに。
「ミセス」と思しき人物の1人は途中でフェードアウト。

映画をちょっとかじった人なら、きっと主要出演者全員の顔を
見たことがあるはず。
それくらい大物スターたちの饗宴だった

ただ、内容はどうなんだろう。
山場がくるか?と期待してたらそう盛り上がらずに終わっちゃったカンジ。

アメリカ、中国、日本の合作なのは嬉しいね。
太平洋戦争勃発するときの物語なので、多少日本はわるくは
描かれていたけれど・・・・。
日本人役を日本の俳優を使ってくれたのはよかったと思う。
ただ渡辺謙菊地凛子以外の日本人の役は、明らかに日本人では無い
日本語台詞の英訳もかなり意訳し過ぎで、そりゃ無いやろ。
とつっこんでしまった。

菊地凛子は出番はそう多くないけど熱演でした♪
ジェフリー・ディーン・モーガンも出番少なかったけど
存在感はあったぁ。

上海の景色はすごくムードがあったので
大きな画面で見られてラッキー☆だったわぃ


世界平和が訪れますように・・・・・



mia☆mia


いつも応援クリックありがとうございます♪

にほんブログ村 映画ブログ 映画備忘録へ
 
にほんブログ村 映画ブログへ


スポンサーサイト
別窓 | ヒューマン・ドラマ | コメント:4 | トラックバック:9 |
| miaのmovie★DIARY | NEXT>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。