ハリウッド映画中心。キャストに重点をおいてレビューしてます。 主にWOWOWで鑑賞。 旧作につきましてはネタばれの場合がございます。

  映   画   小   僧   の   映   画   感   想


いらっしゃいませ♪ 

コメント、TB大歓迎です(^O^)

クリックしてくださぁい☆

FC2 Blog Ranking
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログ 映画備忘録へ
にほんブログ村
-------- -- --:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
2011-10-26 Wed 00:00
僕と彼女とオーソン・ウェルズ
Me & Orson Welles [DVD]Me & Orson Welles [DVD]
(2010/08/17)
Me & Orson Welles

商品詳細を見る


ME AND ORSON WELLES
制作国:英国 制作年:2008年

1937年冬のある日、NYを訪れた高校生のリチャードは、当時
演劇界やラジオ界に一大旋風を巻き起こし、自分も憧憬の
念を抱いていた、時の革命児、オーソン・ウェルズと運命的に
出会う。おりしもウェルズが準備中だった新作劇「ジュリアス
シーザー」に俳優として出てみないかと誘われたリチャードは
喜んでこれに参加。そこで彼が目の当たりにしたのは、独善的
なウェルズにすっかり翻弄される周囲の人々の困惑する姿だっ
た。


出演:ザック・エフロンクリスチャン・マッケイクレア・デインズほか
監督:リチャード・リンクレイター


WOWOWさんのおかげで、色んなジャンルの映画を観ることが
出来る。
この作品は、まず借りてまでは見なかっただろう。

実在の人物もので、ワクワクしたことがないからだ。
だけど、この作品は・・・・ちょいワク
まるっきりの伝記じゃないからかも知れないけど。
恋愛のドキドキや、劇中劇の緊張感などもあったので
退屈はしなかった。

ザック・エフロン
多分、30年前に出てきてても『イケメン』
誰が見てもかわいいって言うだろうね。
時代物もお手の物だ♪

クレア・デインズ
若いけど貫禄あるなぁ。
それに、彼女が画面に居るとどういうわけか
目で追ってしまう。
リチャードが恋焦がれるマドンナ役にもピッタリ。

クリスチャン・マッケイ
実在の人物を演じるのは難しかっただろう。
かなりの数ノミネートされているので、
きっちりご本人になりきってたのにチガイナイ。

レトロな町並みや、衣装。
シェークスピアの台詞回し。音楽。
目にも耳にも心地よくて、秋にはモッテコイ。
雰囲気を楽しむことが出来る作品だよ。




mia☆mia

応援クリックお願いします♪

にほんブログ村 映画ブログ 映画備忘録へ
 
にほんブログ村 映画ブログへ


映画感想文のストックが切れちゃったので、しばらくお休みします<(_ _)>
スポンサーサイト
別窓 | ヒューマン・ドラマ | コメント:2 | トラックバック:0 |
| miaのmovie★DIARY | NEXT>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。