ハリウッド映画中心。キャストに重点をおいてレビューしてます。 主にWOWOWで鑑賞。 旧作につきましてはネタばれの場合がございます。

  映   画   小   僧   の   映   画   感   想


いらっしゃいませ♪ 

コメント、TB大歓迎です(^O^)

クリックしてくださぁい☆

FC2 Blog Ranking
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログ 映画備忘録へ
にほんブログ村
-------- -- --:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
2013-03-29 Fri 00:00
マリリン7日間の恋
マリリン 7日間の恋 [DVD]マリリン 7日間の恋 [DVD]
(2012/08/03)
ミシェル・ウィリアムズケネス・ブラナー

商品詳細を見る
【MY WEEK WITH MARILYN】
制作国:アメリカ/イギリス 制作年:2011年

1956年、ハリウッドの大スター、マリリン・モンローがイギリス
に降り立った。ローレンス・オリヴィエ監督・主演の『王子と踊
り子』の撮影のためだ。初のプロデュース作品に意気込むマリリン。
だが、マリリンの夢は呆気なく打ち砕かれる。オリヴィエはマリリ
ンの演技法を受け入れず、プレッシャーからマリリンは何時間も撮
影に遅刻するようになる。撮影が大幅に遅れて切羽詰ったオリヴィ
エは、下っ端の第3助監督コリン・クラークに、マリリンの見張り
役を命じる。そんなコリンに不安や寂しさを正直に打ち明けたマリ
リンは、誠実に答えるコリンにしだいに信頼を抱くようになる。
やがて二人は秘密の小旅行に出かけ、人として、男と女として、
深く心を交わすのだがー。


出演:ミシェル・ウィリアムズケネス・ブラナーエディ・レッドメインほか
監督:サイモン・カーティス
脚本:エイドリアン・ホッジス


マリリン・モンローのことを知らない人はきっとこの世にはいない。
あまり物知りじゃないワタシだって知っている人物だ。
でも、知ってるつもりで全く知らなかったんだろうな。
この映画はブルネットだったノーマ・ジーンの軌跡ではなく
既にブレイクしていた頃の彼女のお話だ。
映画撮影のためイギリスに遠征し、数ヶ月を過ごした時期を
切り取った内容。

当時結婚をしていたマリリン・モンローが禁断の恋愛を_?
しかも7歳も下の男性とだ。
普通なら責められても仕方がないようなことなのに、
この映画を見ると、マリリンが可哀相になってくる。
スーパー過ぎた人は、実はみんな孤独なのかも知れない。

~ネタバレ含みますよ~~
結果、若い恋人はあっさり捨てられる。
スーパースターにはそれに相応しい生活と相手が居るのだから。
それでも、2人の心はしっかり結ばれており、時が経っても
甘酸っぱい記憶として残ることだろう。

1日デートのときの、景色が綺麗だったぁぁ♪
マリリン(ミシェル・ウィリアムズ)以外は全員イギリス英語。

WOWOWでちょうど【王子と踊子】を放映していた。
内容はよくわかんなかったけど、マリリンに目が釘付け。
演技がすごく上手いってワケでもないと思うのだけれど
動きと喋り方が可愛くて可愛くて♪
どんなワルさされてもこの女性に近づきたい~って男性なら
みんな思っちゃうだろう。
そうそう、衣装や舞台もこの映画ではそっくりに再現されてることが
よく分かった。
アッパレ。


ミシェル・ウィリアムズ
好きな女優さん。
今回は、よく化けたなーーーっっ。って感じ。
顔自体はマリリンには似てないと思うのだけれど
もう冒頭の歌ってるシーンから、そこには本物の
マリリンしかいなかった。
雰囲気というか佇まいというか、そっくりだった。
喋り方も声も似てたぞっ。
今回はセクシーでもあるけど、とっても可愛くて
儚ないマリリン。

ケネス・ブラナー
ローレンス・オリヴィエは、名前は知ってるけど
【王子と踊子】で初めて動いてるトコ見た。
ケネスはそっっっっっ!!!くり。
小さい「っ」が100個位つくくらい似ている。

エディ・レッドメイン
この映画が記憶に新しい。
育ちのヨイ青年役もぴったりだ。
彼にはなんというか気品があるよね。
マリリンとの1週間だけの恋は、汚れがなくて
少年、少女の初恋のようだった。
真正面から真心で想う相手がいてくれて彼女は
幸せだったねぇ。
こういったロマンスが背景にあったのか~と思いながら
本家マリリン出演の作品を見たら感慨深いよね。


その他にはドミニク・クーパー。エマ・ワトソン。ジュディ・デンチ。
トビー・ジョーンズが出演してた。

エマはすっかり大人っぽくなっちゃったね!


マリリン・モンローが、もし36歳で亡くならず
80歳くらいまで生きていたとしたら、今のように
永遠のセックス・シンボルとして崇められただろうか_?
美人薄命ってほんまにあるよね(T△T)


きっと長生きのmia☆mia


いつも応援クリックありがとうございます♪

にほんブログ村 映画ブログ 映画備忘録へ
 
にほんブログ村 映画ブログへ


スポンサーサイト
別窓 | ヒューマン・ドラマ | コメント:8 | トラックバック:4 |
| miaのmovie★DIARY | NEXT>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。