ハリウッド映画中心。キャストに重点をおいてレビューしてます。 主にWOWOWで鑑賞。 旧作につきましてはネタばれの場合がございます。

  映   画   小   僧   の   映   画   感   想


いらっしゃいませ♪ 

コメント、TB大歓迎です(^O^)

クリックしてくださぁい☆

FC2 Blog Ranking
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログ 映画備忘録へ
にほんブログ村
-------- -- --:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
2013-10-30 Wed 00:00
最強のふたり
最強のふたりコレクターズエディション(初回限定仕様) [Blu-ray]最強のふたりコレクターズエディション(初回限定仕様) [Blu-ray]
(2013/03/22)
フランソワ・クリュゼオマール・シー

商品詳細を見る

【UNTOUCHABLE】
制作国:フランス 制作年:2011年

ひとりは、スラム街出身で無職の黒人青年ドリス。
もうひとりは、パリの邸に住む大富豪フィリップ。何もかもが
正反対のふたりが、事故で首から下が麻痺したフィリップの介
護者選びの面接で出会った。他人の同情にウンザリしていたフ
ィリップは、不採用の証明書でもらえる失業手当が目当てとい
うフザケたドリスを採用する。その日から相入れないふたつの
世界の衝突が始まった。クラシックとソウル、高級スーツとス
ウェット、文学的な会話と下ネタ──だが、ふたりとも偽善を憎
み本音で生きる姿勢は同じだった。
互いを受け入れ始めたふたりの毎日は、ワクワクする冒険に変わ
り、ユーモアに富んだ最強の友情が生まれていく。だが、ふたり
が踏み出した新たな人生には、数々の予想もしないハプニ
ングが待っていた──。


出演:オドレイ・フルーロオマール・シーフランソワ・クリュゼほか
監督:エリック・トレダノほか
脚本:エリック・トレダノほか


どっちかいうとニガテ・ジャンルのヒューマンドラマ。
おまけにフランス語。
いつもなら観ないのだけれど、ちょっと見始めたら
目が離せなくなってしまった。

~~ちょいネタバレ~~~
超感動作というほどではないが、かなり心があったかくなる
ドラマだった。観てる間中、目頭は常に熱かったよぉ。

赤の他人の2人がしっかり絆で結ばれていく様を描く。
しかも実話に基いているというではないか。
一生で1人だけでも、このような友に恵まれる人は幸せ
だろうな。

ココもよかった↓↓↓
〇何もかもが正反対の主要人物2人!
 住んでる家も、着ている服も。
 フィリップの煌びやかな大邸宅もステキだったが、スラム街の
 ドリスの母の狭い部屋も温かい雰囲気でPOPでオシャレに感じたな。
〇音楽使いがサイコー。時速12キロの車椅子を特注し
 2人で走るシーンに使われてる曲や、細部にわたり全て好み。
 インストゥルメンタルもクラシックも全部よかった!!

フランスの俳優はジャン・レノしか知らない自分がキャスト
紹介するってのも変ですが、許して。


オマール・シー
ビンボウに育ったばかりに前科があるが、心根は優しい人。
けっこうズバズバ言うけれど、フィリップは常に彼には
好意的。相性がよかったこともあるんだろうね。
顔もスタイルも声もかっこいい俳優さんだ。

フランソワ・クリュゼ
ダスティン・ホフマンからちょっとクセを抜いたようなお人。
首から下が麻痺してるので、かなり演技が難しかったと思う。
笑顔がとってもキュート。ドリスを見る目も優しい。

オドレイ・フルーロ
ジュリアン・ムーアをちょっとどうにかしたような感じの女優さん。
魅力的な容姿。
ドリスに絶対なびかない『オチ』はなかなか面白かった。

アンヌ・ル・ニ
室井滋さんからユーモアを取り除いて少し年齢を
重ねた感じにした女優さん(無理ありすぎ?)
彼女の役柄(イヴォンヌ)はオイシイなぁ。
フランス語ぜーんぜんわかんないけど、演技の上手い下手は
なんとなくワカッチャウ♪


芸術の秋だし、これからは食わず嫌いせず色々試してみよう。

mia☆mia

スポンサーサイト
別窓 | ヒューマン・ドラマ | コメント:10 | トラックバック:3 |
| miaのmovie★DIARY | NEXT>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。