ハリウッド映画中心。キャストに重点をおいてレビューしてます。 主にWOWOWで鑑賞。 旧作につきましてはネタばれの場合がございます。

  映   画   小   僧   の   映   画   感   想


いらっしゃいませ♪ 

コメント、TB大歓迎です(^O^)

クリックしてくださぁい☆

FC2 Blog Ranking
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログ 映画備忘録へ
にほんブログ村
-------- -- --:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
2014-03-29 Sat 00:00
ヘルプ~心がつなぐストーリー~
ヘルプ~心がつなぐストーリー~ [DVD]ヘルプ~心がつなぐストーリー~ [DVD]
(2012/09/19)
エマ・ストーンヴィオラ・デイヴィス

商品詳細を見る

【THE HELP】
制作国:アメリカ 制作年:2011年

作家志望のスキーターは南部の上流階級に生まれ、黒人家政婦の
存在が当たり前の地域社会で育ってきた。だが、大学から戻った
彼女は、白人社会で家政婦たちが置かれた立場が、もはや当たり
前には思えなくなってくる。そして、身近な家政婦たちに現状に
対しての想いをインタビューしようと試みるが、彼女たちにとっ
て真実を語ることは、この南部という地域社会で生きる場所を失
うことを意味していた…。そんなある日、白人家庭に黒人専用ト
イレの設置を義務付けようと活動する、スキーターの女友達の家
で働いていたミニーが、トイレを使用したため解雇されてしまう
。誰もが口をつぐむ中、ミニーの親友のエイビリーンが勇気を出
して、ついにスキーターのインタビューに応じた。そしてその小
さな一歩は数多くの勇気へと広がり、やがて彼らを取り巻く社会
を根底から揺るがす大事件へと発展していく…。


出演:オクタヴィア・スペンサーヴィオラ・デイヴィスエマ・ストーンほか
監督:テイト・テイラー
脚本:テイト・テイラー


よかった~☆この作品(/TДT)/

黒人差別問題が根深かったのはナントナクは理解はしてるつもりで
いた。
この問題を取り上げた映画は沢山作られているからだ。
だけど、ここまで酷いとはね。
西部開拓時代から、ずっと白人の世話をするのがアタリマエと
されてきたから、そのことを覆すことって相当難しかっただろう。
気づくだけでもスゴイことなんだ。
勇気も要るし、時間もかかる。 向かい合うことの難しいことったら。

~~ネタバレ~~
それでもね。
白人みんながみんな同じじゃなくて、中には違う考えの
人もいたので救われた。
人類みな兄弟。
世界平和を望まない人なんて居ないと思うんだ、本当は!!!

女優さんたちの演技が光ってたなぁ。

エマ・ストーン
くりくりヘアーは縮毛という設定。すっごくキュートなんだけど
この時代では髪型だけじゃなく考え方も浮いている。
革新的過ぎて、地元では彼氏も出来やしない。
エマはどの映画にも引っ張りだこだねぇ。

ヴィオラ・デイヴィス
彼女の勇気がきっかけで、1冊の本が刷られる。
辛い思いをたくさんたくさんした女性。
ラストの雇い主の小さな娘とのシーンには涙してしまった。
大きくなってもエイビーのことはずっと覚えている
だろうな・・・。

オクタヴィア・スペンサー
よく見る女優さん。
白人に比べて黒人は、年齢が見た目に出にくい。
太陽の日差しに強くて、シミやシワが出来にくい
からじゃないかな、と勝手に思っている。
ミニーのキャラはなかなか面白かったな。
彼女の手製のチョコパイを是非食べてみたいものだ。
もちろん正統派の方のパイね(笑)

ブライス・ダラス・ハワード
この作品では、「イジワル奥さん」な位置づけ。
いやいや、昔はどっちかいうとこのタイプの方が
多かったのだろうが。
にっくき役どころの筈なのに、なんだかとても
可愛らしくも見えてしまった。
この女優さんは好きなんだ♪ 美人で演技派やもん。

シシー・スペイシク
どちらかと言うと黒人の味方的なばかりに
娘に老人介護施設に無理やり入れられてしまう
可哀相なお母さん。
出番は少ないのにシシーはサスガの存在感だったなぁ。


長時間だったけど全然タイクツすることなく見られたよ♪
未見の方はぜひ。




mia☆mia

スポンサーサイト
別窓 | ヒューマン・ドラマ | コメント:10 | トラックバック:5 |
| miaのmovie★DIARY | NEXT>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。