ハリウッド映画中心。キャストに重点をおいてレビューしてます。 主にWOWOWで鑑賞。 旧作につきましてはネタばれの場合がございます。

  映   画   小   僧   の   映   画   感   想


いらっしゃいませ♪ 

コメント、TB大歓迎です(^O^)

クリックしてくださぁい☆

FC2 Blog Ranking
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログ 映画備忘録へ
にほんブログ村
-------- -- --:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
2012-07-12 Thu 00:00
ストーン
ストーン [DVD]ストーン [DVD]
(2011/11/02)
ロバート・デ・ニーロエドワード・ノートン

商品詳細を見る

【STONE】
制作国:アメリカ 制作年:2010年

ジャック・メイブリー(ロバート・デ・ニーロ)の職業は、刑務所の
仮釈放管理官。受刑者と面談して仮釈放審査会のための書類を作成
する仕事を忠実にこなしてきた彼が、最後に担当することになった
受刑者は、ジェラルド・クリーソン、通称“ストーン"(エドワード
・ノートン)だ。放火によって祖父母を死なせた罪で8年間服役して
きたストーンは、あと3年の刑期を残し、仮釈放を切望し、なんと
してもシャバに出るため、自分の妻ルセッタ(ミラ・ジョヴォヴィ
ッチ)にジャックを誘惑させ、書類に手心を加えてもらおうとする。
ルセッタは道徳を超越し、昼は幼稚園で子供たちを教え、夜は
男たちに体を売る日々。
愛するストーンのためなら何でもする彼女は、彼に指示された通り
電話攻勢を開始する。毎日しつこくジャックの自宅に電話をかけ続
けるルセッタ。受刑者の家族との個人的な接触は規則違反であり
最初は迷惑がっていたジャックだが、ルセッタの甘い声に屈して
会う約束をしてしまう。そして、彼女の巧みな誘いに乗って一線
を越えてしまう。めくるめく一夜を過ごしたジャックは、いとも
簡単に道を踏み外してしまった自分に戸惑いながらも、ルセッタ
の虜になってしまう。彼は今や彼女の意のままで、まさにストー
ンの狙い通りになったのだ。しかし、ストーン自身にも劇的な変
化が訪れていた。精神世界に目覚め、自己啓発に没頭するように
なったのだ。ルセッタが面会に来てジャックとのことを報告して
も上の空。あれほど望んでいた仮釈放への関心そのものが薄れた
ようで、ジャックに対して「正しいことをしろよ」と諭すまでに
なる。まるで人格が入れ替わってしまったかのようなジャックと
ストーン。そんな男たちの狭間でルセッタは暴走を始め、ついに
魔性の女の本性をあらわにする。果たしてジャックは、妻とふた
りの元の生活に戻れるのか?


出演:ロバート・デ・ニーロエドワード・ノートンミラ・ジョヴォヴィッチ
監督:ジョン・カラン


どろどろのサスペンスかと思いきや、そうではなかった。
内容はちょっと難しかったなぁ。
自己啓発に目覚め、突如人間が変わる受刑者のストーン。
愛する旦那さまを助けるために色仕掛けに精を出す妻と
その策略に簡単に陥っちゃう真面目管理官。
3人の、短い期間に180度転換しちゃう生き様を描く
ストーリー。

冒頭の若かりし頃のデニーロ役の役者さん、めちゃ似てて
驚いた。



ロバート・デ・ニーロ
名優中の名優だもんね。
どんな役柄演じてもヌケが無いね。
おまけにトシもとらないね。
主役なんだけど、どっちかいうと地味な役柄。
デ・ニーロじゃなきゃ、ストーンと妻の
迫力に押されてしまうところだ。


エドワード・ノートン
前半と後半じゃ、まるで人が変わったよう。
あまりの変わりように、ジャックは「これは演技か」
と疑うのだけど、目がちがう。
前半の髪型がなかなかオシャレ。


ミラ・ジョヴォヴィッチ
トップレスで演じたのはスゴイ!
加齢と共に魅力的になってくよね。
昼は聖女で夜は真逆。
ジャックやストーンじゃなくても
夢中になってしまうよね。

3俳優の演技対決。軍配は誰の手に????



mia☆mia


いつも応援クリックありがとうございます♪

にほんブログ村 映画ブログ 映画備忘録へ
 
にほんブログ村 映画ブログへ


スポンサーサイト
別窓 | サスペンス・ホラー | コメント:2 | トラックバック:2 |
<<抱きたいカンケイ  | miaのmovie★DIARY | 三銃士>>
この記事のコメント:
宗教が絡んでくると、なんか訳分からなくなっちゃいますよね。
信仰に走ると、人格まで変わるものなんですね。
そういうの、理解できないもんね・・・
この俳優陣でなかったら、絶対に観てなかったと思うなあ(^^;

冒頭の若い俳優さん、ホクロの位置も同じにしてあって、
デ・ニーロに似てましたね!
あの男の行動には唖然としました。
いくら真面目に仕事をしていても、信用出来なかったです。
2012-07-12 Thu 18:06 | URL | YAN #9L.cY0cg[ 内容変更]
> 宗教が絡んでくると、なんか訳分からなくなっちゃいますよね。
> 信仰に走ると、人格まで変わるものなんですね。

ちょっとわたくしたちには理解できない内容でしたね。
信仰心が厚い方なら理解できたのでしょうか。

> 冒頭の若い俳優さん、ホクロの位置も同じにしてあって、
> デ・ニーロに似てましたね!
> あの男の行動には唖然としました。
> いくら真面目に仕事をしていても、信用出来なかったです。

似てましたね~。あまり巻き戻して見ない方なんですが
唐突に始まったあの冒頭部分は繰り返してみてしまいました。
きちんとした人間に見せかけてても本性はアレが素なんですねぇ。
子供が眠り込んでたのが救いですね。。。。。
2012-07-13 Fri 19:57 | URL | mia☆mia #-[ 内容変更]
コメントの投稿

管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック:
トラックバック URL

FC2ブログユーザー専用トラックバック URL
ロバート・デ・ニーロ、エドワード・ノートン、ミラ・ジョヴォヴィッチ共演。 ストーンが精神世界に目覚めたあたりから、それぞれの人間模様がまさに180度様変わりしていくので …
2012-07-12 Thu 10:36 いやいやえん
デ・ニーロとノートンの演技合戦が見もの☆ 前半と後半とで2人は別人のようになる。 特にノートンの変身ぶりは凄かったです。 監督:ジョン・カラン 製作:2010年 アメリ... …
2012-07-12 Thu 18:07 RockingChairで映画鑑賞
| miaのmovie★DIARY |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。