ハリウッド映画中心。キャストに重点をおいてレビューしてます。 主にWOWOWで鑑賞。 旧作につきましてはネタばれの場合がございます。

  映   画   小   僧   の   映   画   感   想


いらっしゃいませ♪ 

コメント、TB大歓迎です(^O^)

クリックしてくださぁい☆

FC2 Blog Ranking
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログ 映画備忘録へ
にほんブログ村
-------- -- --:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
2012-09-05 Wed 00:00
レ・ミゼラブル(1998年)
レ・ミゼラブル [DVD]レ・ミゼラブル [DVD]
(2006/07/14)
リーアム・ニーソンユマ・サーマン

商品詳細を見る

LES MISERABLES
制作国:アメリカ 制作年:1998年

囚人のジャン・バルジャンは、窃盗の罪で19年間に及ぶ重労働を
課された後に保釈されたが、行く先々で宿泊を断られ、屋外で寝
ていたところを司教の館に迎え入れられる。しかし、バルジャン
は、夜中にそこで銀の食器を盗み、憲兵に捕まってしまう。翌朝
彼を捕らえた憲兵たちに、司教は「銀器は私が与えたものだ」と
伝え、銀の燭台も与えてしまう。司教の慈悲を知り、バルジャン
は邪悪な魂から解放される。


出演:リーアム・ニーソンジェフリー・ラッシュユマ・サーマンほか
監督:ビレ・アウグスト
脚本:ラファエル・イグレシアス
原作:ヴィクトル・ユゴー


いきなり余談ですが。。。。。
最近、「あの映画もう1度見たいなぁ」と思ってると
必ずやWOWOWかCSで放送してくれる。
無駄に念力が強いのか(?)
たまたま同じ好みの人がリクエストするのか。は謎。


というわけで、コレも大好き映画のTOP10に入る
作品です。

ユーゴーの【あぁ、無情】を知らない人はいないだろうから
ネタバレで書きますね。

ほんの少しの、罪とも言えない罪で20年も牢に入れられた
大男のジャン・ヴァルジャン。
司教の無償の愛によって心を入れ替え、市長にまでなった。
そこへ、過去を知るジャベール警部が配属されて転入。
良い人間が故に、逃げなくてはいけなくなる。

あぁ、ほんと。
なんでこんなイィ人間が踏んだり蹴ったりな目に・・・・。
過去は償えないものなのだろうか(T△T)

でも、神様は居る!!
ラストのヴァルジャンの、やっと自由になれた表情の
素晴らしいこと。


リーアム・ニーソン
自分が初めてリーアムを見たのはこの映画が最初じゃ
なかったかなぁ。 この役柄にぴったりだもんね。
何十年かの月日を独りで演じるが、盗人の目をしてた
若かりし頃と、市長になった頃、ラスト近く。
人間的に成長した主人公をミゴト演じきっている。


ジェフリー・ラッシュ
ヴァルボッサのイメージが強い彼・・・。
獲物を追い詰める鷹のような目をしたジャベール。
本当のわるものでは無いのだよね。
ただ、生真面目過ぎるだけで・・・・・。
ジェフリーも、ラストの表情が心に残る。


ユマ・サーマン
ファンティーヌ。病気で死んでしまう。
痩せてて、薄幸そうな表情の(シツレイ)ユマはこの役に
ぴったりだ。


クレア・デインズ
↑ファンティーヌの娘=コゼット。ヴァルジャンに育てられる。
彼女も好きな女優さんの1人。
どんな役も自分のものにするが、大体が「意思が強そう」
なイメージ。
愛に生きるけど、「愛する人をお慕いする」というイメージでは
無く、すンごく引っ張っていきそうな雰囲気。


今年、この物語はキャストが変わって新しく封切られる。
配役、上から
ヒュー・ジャックマン
ラッセル・クロウ
アン・ハサウェイ
アマンダ・サイフリッド が演じる。

ヒューやアマンダはまぁ、イメージどおりとして。
ラッセルとアンは、どんなだろうか???
ぜひ見比べてみたい。




mia☆mia


いつも応援クリックありがとです♪

にほんブログ村 映画ブログ 映画備忘録へ
 
にほんブログ村 映画ブログへ

スポンサーサイト
別窓 | ヒューマン・ドラマ | コメント:6 | トラックバック:1 |
<<ザ・ウォード 監禁病棟 | miaのmovie★DIARY | ジョン・カーター>>
この記事のコメント:
いよいよ9月に入って・・・運動会の季節となりましたi-229
mia☆miaさん、お元気ですか~☆

ああ無情、何度も映画が作られていますよね!
私ははリーアム・ニーソン版は観たことがなくて
確か ジャン=ポール・ベルモンド が出ていたフランス映画をBSで観た覚えがあります。
あれはすごーくヨカッタです!!

小学生の頃に「世界名作物語」とかなんとかで読んだ時代のイメージが強いので
映画を観ては比べて楽しんでしまいます♪

新しい映画も出来るんですね!
キャストはいかにも"現代"らしさがあって新鮮ですね。
アマンダちゃんは、ほんとひっぱりだこですねー☆
ジャベール警部にラッセル・クロウのイメージはありませんでした(笑)
ふっくらしたジャベールでないことを祈ります(笑)

2012-09-05 Wed 10:45 | URL | McBeal #mHZ/BfkA[ 内容変更]
こんばんは。新学期始まりましたね☆

> 確か ジャン=ポール・ベルモンド が出ていたフランス映画をBSで観た覚えがあります。
> あれはすごーくヨカッタです!!

元々舞台がフランスですし、フランス版の方がリアリティあるでしょうね。
機会があれば観てみたいです。

> 小学生の頃に「世界名作物語」とかなんとかで読んだ時代のイメージが強いので
> 映画を観ては比べて楽しんでしまいます♪

ワタシも、家にずらっと名作単行本が並んでました。
ほとんど読みませんでしたが、『あぁ、無情』は何度も
読みました。^^

> アマンダちゃんは、ほんとひっぱりだこですねー☆
> ジャベール警部にラッセル・クロウのイメージはありませんでした(笑)
> ふっくらしたジャベールでないことを祈ります(笑)

自分ではジャベールは細身で小柄なイメージを勝手に
持ってるので、ラッセル・クロウは違和感有ります。
でも早く観てみたいでーす。
コメントと応援クリックをいつもありがとうございます。
2012-09-05 Wed 19:11 | URL | mia☆mia #-[ 内容変更]
[]
miaさん こんばんは^^

お元気ですか。いつもありがとうございます。
この映画は私も大好きです。
まさに、あぁ、無情ですね。
私は神は信じないけど、天は見ているような気がします。

人が持ちうる本当の勇気、正義、愛・・・・
生きることの壮大な問いをテーマにした名作だと思います。
これほどまでに執拗にバルジャンを追いつめるジャベールが如何に醜いことか・・

2012-09-05 Wed 19:26 | URL | しげちゃん #-[ 内容変更]
こんばんは。
お忙しいところご訪問とコメントありがとうございます。^^
こちらこそ、いつも応援クリックありがとうございます。

> まさに、あぁ、無情ですね。
> 私は神は信じないけど、天は見ているような気がします。

ワタシも同じです。
やはり真面目に生きないと、ですね♪

> 人が持ちうる本当の勇気、正義、愛・・・・
> 生きることの壮大な問いをテーマにした名作だと思います。
> これほどまでに執拗にバルジャンを追いつめるジャベールが如何に醜いことか・・

ジャベールの執念、、、
この映画での最後では、彼なりの決着をつけるんですよね。
バルジャンの行いや人柄を認めながらも、法に背くのは
自分の意に反したのでしょう。
何度観ても感動する映画です。
2012-09-05 Wed 19:56 | URL | mia☆mia #-[ 内容変更]
[]
私もたぶんこの作品が初めてリーアムさんを観た作品ですね。再見して気付きました。
仰るとおり、バルジャンの変化を見事に演じ分けていました。ジャベール役のラッシュさんと共に、この作品になくてはならない存在ですね。
ユマ・サーマンさんの病人っぷりも見事で、彼女が娘に会えると希望を抱いた時の表情を描こうか迷ったんですよ。
ミュージカル版もいつか観て、比べてみたいです♪
2016-03-30 Wed 07:36 | URL | 宵乃 #K4YeSyNc[ 内容変更]
> 仰るとおり、バルジャンの変化を見事に演じ分けていました。ジャベール役のラッシュさんと共に、この作品になくてはならない存在ですね。

この作品の後、リーアムはアクション映画に沢山出演して、なんかだギャップを感じました。
ジャベール、よかったですよねぇ。

> ユマ・サーマンさんの病人っぷりも見事で、彼女が娘に会えると希望を抱いた時の表情を描こうか迷ったんですよ。

そのバージョンも見たいです♪
いつも素敵なイラストを拝見できてうれしいです(*^-^*)

> ミュージカル版もいつか観て、比べてみたいです♪

機会があれば、是非。アン・ハサウェイが思いのほか(なんて言うとシツレイ)ヨカッタのと、
エディ・レッドメインが光ってました~。
みんな歌えて踊れて、芸達者じゃないとハリウッドでは活躍できないですね(*´Д`)

2016-03-30 Wed 17:26 | URL | mia☆mia #-[ 内容変更]
コメントの投稿

管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック:
トラックバック URL

FC2ブログユーザー専用トラックバック URL
原題:LES MISERABLES 製作:アメリカ・デンマーク’2012 133分 監督:ビレ・アウグスト 原作:ヴィクトル・ユーゴー ジャンル:★ドラマ/文芸【あらすじ】1812年、19年の刑期を終えて仮出獄したジャン・バルジャンは、銀食器を盗んだ自分をかばってくれた司教との出会いから、改心を決意。9年後、ヴィゴーの工場主兼市長として、市民の尊敬を集める男に生まれ変わるが、新任... …
2016-03-30 Wed 07:18 忘却エンドロール
| miaのmovie★DIARY |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。