ハリウッド映画中心。キャストに重点をおいてレビューしてます。 主にWOWOWで鑑賞。 旧作につきましてはネタばれの場合がございます。

  映   画   小   僧   の   映   画   感   想


いらっしゃいませ♪ 

コメント、TB大歓迎です(^O^)

クリックしてくださぁい☆

FC2 Blog Ranking
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログ 映画備忘録へ
にほんブログ村
-------- -- --:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
2012-12-03 Mon 00:00
ラビット・ホール
ラビット・ホール [DVD]ラビット・ホール [DVD]
(2012/04/06)
ニコール・キッドマンアーロン・エッカート

商品詳細を見る

RABBIT HOLE
制作国:アメリカ 制作年:2010年

郊外の閑静な住宅街に暮らすベッカとハウイーのコーベット夫妻。
彼らの幸せな生活が一変したのは8か月前。一人息子ダニーが交通
事故に遭い、わずか4歳でこの世を去ってしまったのだ。それ以来
2人の心には埋めようのない欠落感が生まれていた。ダニーとの思
い出を大切にして前に進もうとするハウイーとは対照的に、亡き
息子の面影に心掻き乱されるベッカ。同じ痛みを共有しながらも、
夫婦の関係は少しずつ綻び始める。そんな中、ベッカはある少年
を目撃する。彼の名前はジェイソン。
8か月前、ダニーを車で轢いた高校生だった……。


出演:ニコール・キッドマンアーロン・エッカートダイアン・ウィーストほか
監督:ジョン・キャメロン・ミッチェル
脚本:デヴィッド・リンゼイ=アベアー
原作:デヴィッド・リンゼイ=アベアー


うーん。
重い。
重いテーマだ。
愛息がいなくなってしまうなんて、辛すぎて
観ていられない。
でも、現実にはこの映画のような遺族はたくさん
いるわけで。
どう乗り越えていくか。
いや、乗り越えることなんか出来ないかも知れないけど。
この作品を観ると少しでも気持ちが変わるのではないかと。
そう願うばかり。

ラビット・ホール(うさぎの穴)に落ちていくと
この世とは別世界の、パラレルワールドがあって
そこでは家族揃って仲良く楽しく過ごしている。
そう信じることで、決して消えることのない痛みが
和らげるんだよね。




ニコール・キッドマン
完璧美女のまんま。
美を保ち続けてるのはスゴイです。
黒スーツでかつかつ歩くキッドマンの
美しいことったら。
役幅も広がった名女優さんだけど、
顔をくしゃくしゃにして演技するって
タイプでは無いので、そこだけはちょとザンネン。


アーロン・エッカート
この人の演技は涙を誘うね。
子を亡くすのは父親だって同様に辛いのだ。
なのに、妻に気を遣いながら乗り越えていこうと
する姿は共感できた。


ダイアン・ウィースト
ネッカの実母役。彼女も30歳の息子を亡くす。
幾つになっても、どんな理由で死を迎えたにせよ
親にとっては辛いものだ。


サンドラ・オー
8年前に子供を亡くしたセラピーでの先輩。
どうしても心に穴が開いたまま。
ハウイーとバカ騒ぎすることで、少し穴が
塞がりつつあったが・・・・。
別のところで出会っていたら2人は大親友に
なれたんじゃないだろうかね。
インターン役以外のサンドラ・オーを久々に
観たが、やっぱり演技派さんだなと感じたよ。




mia☆mia


いつも応援クリックありがとうございます♪

にほんブログ村 映画ブログ 映画備忘録へ
 
にほんブログ村 映画ブログへ


スポンサーサイト
別窓 | ヒューマン・ドラマ | コメント:2 | トラックバック:2 |
<<幸せの始まりは | miaのmovie★DIARY | ビッグ>>
この記事のコメント:
ピリピリして、こちらも息苦しくなるような重いテーマでしたね。
そのような悲しみは決して消える事はなくても、
いつかきっと、少しずつ和らいでいくんでしょうね。
この世界とは別のパラレルワールドを思い浮かべるのって、
なんとなく共感できる気がしますね。
心が安らぐなら、それもいいと思います。

ニコールはほんと完璧な美しさでした。
メリル・ストリープくらい顔を崩して泣いてもいいよね(^^;
2012-12-03 Mon 17:49 | URL | YAN #9L.cY0cg[ 内容変更]
> ピリピリして、こちらも息苦しくなるような重いテーマでしたね。
> そのような悲しみは決して消える事はなくても、
> いつかきっと、少しずつ和らいでいくんでしょうね。
> この世界とは別のパラレルワールドを思い浮かべるのって、
> なんとなく共感できる気がしますね。
> 心が安らぐなら、それもいいと思います。

そうですね。
時が経てば悲しみの形が変わっていくんですね。
でも、わが子が亡くなるのは何歳になっても辛いものですね。
わたくしごとですが、先日従姉妹が亡くなり、その母
(血の繋がらない伯母ですが)が悲しみ毎日泣いているそうです。
ワタシも自分の息子が先に逝ったりなんかしたら耐えられない気がします。

> ニコールはほんと完璧な美しさでした。
> メリル・ストリープくらい顔を崩して泣いてもいいよね(^^;

〇〇ッ〇ス打ってるから表情が変わらないンでしょうかね・・・
せっかく演技力はあるのに勿体無い気がします。
2012-12-04 Tue 17:40 | URL | mia☆mia #-[ 内容変更]
コメントの投稿

管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック:
トラックバック URL

FC2ブログユーザー専用トラックバック URL
ニコール・キッドマンが初プロデュース、 アカデミー賞とゴールデングローブ賞両方で主演女優賞にノミネートされた作品です。 映画館での上映をのがし、DVD発売を待っておりまし... …
同じ悲劇を体験しても、 人それぞれ 悲しみの感じ方、捉え方、癒し方が 違うものなんだなあ・・・ RABBIT HOLE 監督:ジョン・キャメロン・ミッチェル 製作:2010年 アメリ... …
2012-12-03 Mon 17:51 RockingChairで映画鑑賞
| miaのmovie★DIARY |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。