ハリウッド映画中心。キャストに重点をおいてレビューしてます。 主にWOWOWで鑑賞。 旧作につきましてはネタばれの場合がございます。

  映   画   小   僧   の   映   画   感   想


いらっしゃいませ♪ 

コメント、TB大歓迎です(^O^)

クリックしてくださぁい☆

FC2 Blog Ranking
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログ 映画備忘録へ
にほんブログ村
-------- -- --:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
2013-02-19 Tue 00:00
永遠の僕たち
永遠の僕たち [DVD]永遠の僕たち [DVD]
(2012/11/07)
ヘンリー・ホッパーミア・ワシコウスカ

商品詳細を見る

Restless
2010年 アメリカ

交通事故で両親を失い、臨死体験をした少年・イーノック。話し相手は、
彼だけが見える死の世界から来た青年・ヒロシだけだった。他人の葬式を
のぞいて歩くことを日常とする死にとらわれた少年は、そこで余命3か月
と告げられた少女・アナベルと出会う。ヒロシがそっと見守る中、死が
結びついた2人。生きるということは、愛するということは、いったい
どういうことなんだろう?秋から冬へと向かう鮮やかな街の景色が、わず
かな時間しか残されていない2人をやさしく包み込み、恋人たちとヒロシの
世界が輝きはじめる。


出演:ヘンリー・ホッパーミア・ワシコウスカ加瀬亮
監督:ガス・ヴァン・サント
脚本:ジェイソン・リュウ


この映画は、正直 自分はあまり好きではない。
設定などおもしろいのだけれど、退屈してしまった。
不治の病の少女は、とても余命3ヶ月に見えないし。
戦争で殉死した青年の亡霊があまりにもくっきりしてるし。
「死」がテーマなのに、あまり重くないのだけは
救われたけれど・・・・。

ヘンリー・ホッパー
故デニス・ホッパーの息子。
ちょっと面差しが似てる。お父さんほどクセがない。
影のある好青年って感じ。
でも、あまり印象に残らなかった。
ひょっとしたら、サスペンスやSF映画にも
向いてるんじゃないだろうか?



ミア・ワシコウスカ
彼女はオーストラリア出身なんだけど、なんとなく
フランス女優っぽい雰囲気。
おしゃれで、どんな服装も着こなせるね。
色んなタイプのお衣装を目まぐるしく着用。
それを見るのは楽しかった。
年とってからすごくイィ感じの女優さんに
なるような気がする。


加瀬亮
特攻隊で戦死したヒロシ役。
英語の発音すごい本格的・・・・。
よかったよ、ここでもし日本人以外のアジア系の
俳優なんか使われたらぶち壊しだ。


戦艦当てゲーム。
子供の頃持っててよくやったっけ。
あのゲーム捨てなきゃよかったな。



叙情的な内容の映画はやっぱり性に合わなかったけど、
映画の中で、日本をフィーチャーしてくれるのは
なんとなく嬉しかったりする。


mia☆mia


いつも応援クリックありがとうございます♪

にほんブログ村 映画ブログ 映画備忘録へ
 
にほんブログ村 映画ブログへ


スポンサーサイト
別窓 | ヒューマン・ドラマ | コメント:6 | トラックバック:2 |
<<八日目の蝉 | miaのmovie★DIARY | デスティニー 未来を知ってしまった男 >>
この記事のコメント:
読み始めてすぐに『ヒロシ』とあったので、思わずどこの映画だった?と確認しちゃいましたよ。
アメリカ映画で特攻を取り上げられるとちょっと解釈がおかしかったりするものですけど、この映画はどうだったんだろうかとちょっと興味が沸きました(*^_^*)
今度観てみます(^-^)ゝ

2013-02-19 Tue 08:05 | URL | ひなち☆ #-[ 内容変更]
本作はあまりアメリカ映画っぽくなくて、
どこかヨーロッパの雰囲気があるのよね~
mia☆miaさんの好みじゃないって言うの、なんとなく分かります。

加瀬亮さんの英語には私もビックリ☆
少女が旅立つ日に、正装して待っていてくれたシーンと、
手紙のくだりは良かったですよね。

私はイーノックとアナベルの独特な透明感ある雰囲気が
とても好きでした。
2013-02-19 Tue 17:25 | URL | YAN #9L.cY0cg[ 内容変更]
> 読み始めてすぐに『ヒロシ』とあったので、思わずどこの映画だった?と確認しちゃいましたよ。
> アメリカ映画で特攻を取り上げられるとちょっと解釈がおかしかったりするものですけど、この映画はどうだったんだろうかとちょっと興味が沸きました(*^_^*)
> 今度観てみます(^-^)ゝ

そういえば特攻マニア(?)でしたね。ひなちさんは。
アメリカやその他の外国映画では、特攻どころか日本の文化や生活が
間違って捉えられています。
日本人を使わず諸外国(アジア)の俳優を使ったりめちゃくちゃです。
(まぁ、日本人俳優で英語が堪能な人が少ないせいでしょうが)
この映画ではヒロシはあくまで脇役なのですが、家族に対しての
想いだとか、決して的外れなものでは無かったと思いますよ。^^
2013-02-19 Tue 17:40 | URL | mia☆mia #-[ 内容変更]
> 本作はあまりアメリカ映画っぽくなくて、
> どこかヨーロッパの雰囲気があるのよね~
> mia☆miaさんの好みじゃないって言うの、なんとなく分かります。

YANさんにはもうバレバレですね(*'-'*)
確かにヨーロッパ映画っぽかったですね^^
どうも途中で眠たくなっちゃうんですよね、こういうタグイの映画。

> 加瀬亮さんの英語には私もビックリ☆
> 少女が旅立つ日に、正装して待っていてくれたシーンと、
> 手紙のくだりは良かったですよね。

そうですね!手紙はよかった。
あんなにはっきり幽霊が見えるのは不思議ですが、そこは
突っ込まず素直に感動することにします・・・・

> 私はイーノックとアナベルの独特な透明感ある雰囲気が
> とても好きでした。

絵になりますよね。綺麗な若い男女は♪
特にミアさんは本当に透明感があって素敵。
2013-02-19 Tue 17:43 | URL | mia☆mia #-[ 内容変更]
瑞々しい二人でした
死に囚われた青年と生に前向きな彼女。
彼女が元気で側にいてくれたから、死を感じることもなかったのでしょうが、ラストの微笑みで救われましたね
イーノック役のヘンリー・ホッパーさんはお父さんを亡くした経験がありますから、余計死に囚われている青年という役どころも理解できたのではないでしょうか
くだんの恋文は素敵でしたね!
2013-02-20 Wed 08:54 | URL | maki #jQTfdwCM[ 内容変更]
> 瑞々しい二人でした

清潔感がありましたね。

> 死に囚われた青年と生に前向きな彼女。
> 彼女が元気で側にいてくれたから、死を感じることもなかったのでしょうが、ラストの微笑みで救われましたね
> イーノック役のヘンリー・ホッパーさんはお父さんを亡くした経験がありますから、余計死に囚われている青年という役どころも理解できたのではないでしょうか
> くだんの恋文は素敵でしたね!

本当ですね。
実際に身内の人を亡くしてない人は、解ってるつもりでも
本当の辛さはわからないでしょうね。
恋文、素敵でした。字も綺麗でしたねえ。

makiさんのおじいさま、ほっぺ赤くなっちゃった遺影なんですね。
とても素敵ですね^^
2013-02-20 Wed 18:16 | URL | mia☆mia #-[ 内容変更]
コメントの投稿

管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック:
トラックバック URL

FC2ブログユーザー専用トラックバック URL
故デニス・ホッパーの息子のヘンリー・ホッパーさんが主人公を演じています。臨死体験をしたせいで彼だけにみえる特攻隊の幽霊の青年ヒロシ(加瀬亮さん)、知らない人の葬式を練り... …
2013-02-19 Tue 08:10 いやいやえん
死を扱っている割に重さがない。 透明感のあるファンタジーっぽい世界観や雰囲気が好みでした☆ RESTLESS 監督:ガス・ヴァン・サント 製作:2011年 アメリカ 出演:*ヘン... …
2013-02-19 Tue 17:27 RockingChairで映画鑑賞
| miaのmovie★DIARY |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。