ハリウッド映画中心。キャストに重点をおいてレビューしてます。 主にWOWOWで鑑賞。 旧作につきましてはネタばれの場合がございます。

  映   画   小   僧   の   映   画   感   想


いらっしゃいませ♪ 

コメント、TB大歓迎です(^O^)

クリックしてくださぁい☆

FC2 Blog Ranking
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログ 映画備忘録へ
にほんブログ村
-------- -- --:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
2013-02-22 Fri 00:00
八日目の蝉
八日目の蝉 通常版 [DVD]八日目の蝉 通常版 [DVD]
(2011/10/28)
井上真央永作博美

商品詳細を見る

八日目の蝉
制作国:日本  制作年:2011年

今日まで母親だと思っていた人が、自分を誘拐した犯人だった。
1985年に起こったある誘拐事件ー。不実な男を愛し、子を宿すが、
母となることが叶わない絶望の中で、男と妻の間に生まれた赤ん坊
を連れ去る女、野々宮希和子と、その誘拐犯に愛情一杯に4年間育
てられた女、秋山恵理菜。実の両親の元へ戻っても、「ふつう」の
生活は望めず、心を閉ざしたまま21歳になった恵理菜は、ある日、
自分が妊娠していることに気づく。相手は、希和子と同じ、家庭を
持つ男だった。過去と向き合うために、かつて母と慕った希和子と
暮らした小豆島へと向かった恵理菜がそこで見つけたある真実。
そして、恵理菜の下した決断とは・・・?


出演:井上真央永作博美小池栄子ほか
監督:成島出
脚本:奥寺佐渡子
原作:角田光代


ドラマ版は見てないので見比べてどうこうが書けない。

それにしても最近の邦画はなかなかだね。
この作品ではナミダは出なかったけど、見てよかった。
と思った。

自分が母だと信じて疑わなかった人が実は誘拐犯だった。
なんて、衝撃的。
そりゃ、幼子にしてみれば「この人が本当のお母さんよ」と
言われても、見たこともナイ女の人が突然家族になるようなもん。
トラウマになりそ。
けど実際さぁ、理屈では理解できない『血』の繋がりってものも
大事だと思うンだよね。
誘拐犯は自分のお腹を痛めてなくてもわが子のように可愛がれる
ものなのだろうか?
しかも愛していた人と、その奥さんの間に出来た子供なのに。

ただ泣くことや笑うことしか出来ない赤ん坊を見た途端
この子を守ってあげられるのは自分しかいないって
思っちゃったのかなぁ。
ん~。その辺が自分には不可解な点だった。

日本人俳優の演技はからっきし分からないので
キャスト紹介は省略。

ただ、エンゼルさん役を演じた余貴美子さんの
妖しげな関西弁(本当の関西イントネーションとはちょっとちゃう。
似非外国人みたいなのだけど、それが逆に味があってよかった)
のホーム代表(悪く言うとカルト集団の教祖)みたいな
女性が強烈だった。
あの団体という隠れ家がなければ4年間も逃げおおせられなかった
よねぇ。

誘拐犯は加害者の筈なのに、なぜか同情してしまい
できることなら、このままずっと2人で仲良く暮らして欲しい
と応援さえしてしまう自分がいる。
また、成長し、誘拐犯と同じような境遇に立つ娘にも
がんばれってエールを送っている自分だった。




mia☆mia


応援クリックおねがいします♪

にほんブログ村 映画ブログ 映画備忘録へ
 
にほんブログ村 映画ブログへ


スポンサーサイト
別窓 | 邦画 | コメント:8 | トラックバック:2 |
<<mia☆miaでございます=その2= | miaのmovie★DIARY | 永遠の僕たち>>
この記事のコメント:
コレは小説読みました。

理屈では理解できない『血』の繋がりってものも
大事だと思うンだよね。
誘拐犯は自分のお腹を痛めてなくてもわが子のように可愛がれる
ものなのだろうか?
しかも愛していた人と、その奥さんの間に出来た子供なのに。

miaさんと同じこと考えましたよ。
ちょっとどうなんだろうって思った部分でした。
映画はまだ観てないんですけど機会があれば観ます♪

2013-02-22 Fri 09:48 | URL | ひなち☆ #-[ 内容変更]
> コレは小説読みました。

さすがは、小説フリークさんだけある♪

> miaさんと同じこと考えましたよ。
> ちょっとどうなんだろうって思った部分でした。
> 映画はまだ観てないんですけど機会があれば観ます♪

逆に、ワタシなんかそのコドモを憎いとすら思ってしまうかも。
でもあまりに愛らしい笑顔を見たらそんな気持ち吹っ飛んだのかなぁ。
機会があれば見てみてください^^コメントありがとう。
2013-02-22 Fri 17:58 | URL | mia☆mia #-[ 内容変更]
この映画はホンといいですよね。
いろんなことを考えさせられる良作ですね…
この作品は私自身大好きです。

>ドラマ版は見てないので見比べてどうこうが書けない。

これってドラマでやってたのですか~知らなかった。
ちょっと見てみようかな~~~
2013-02-23 Sat 10:11 | URL | キュイン #-[ 内容変更]
これ、昨年から録画してあるんだけど
なんか優先順位が下になっちゃって・・・
ずっと観ずにそのままになってます。(^^;
いずれ観ようと削除せずに置いてあるので、
観たら、またゆっくりmia☆miaさんの感想を
読ませてもらいますね!
2013-02-23 Sat 18:33 | URL | YAN #9L.cY0cg[ 内容変更]
> この映画はホンといいですよね。
> いろんなことを考えさせられる良作ですね…
> この作品は私自身大好きです。
> これってドラマでやってたのですか~知らなかった。
> ちょっと見てみようかな~~~

見てるときはそうでもなかったけど、見終わってから
そして、何ヶ月か経った今の方が心に残っています。
ドラマは壇れいさん、北乃きいさんが演じられてます。^^
ワタシも未見なので見てみたいです!

ほんわかした小豆島でのシーンが好きでした。
写真館も雰囲気ありましたね。
2013-02-23 Sat 19:34 | URL | mia☆mia #-[ 内容変更]
> これ、昨年から録画してあるんだけど
> なんか優先順位が下になっちゃって・・・
> ずっと観ずにそのままになってます。(^^;
> いずれ観ようと削除せずに置いてあるので、
> 観たら、またゆっくりmia☆miaさんの感想を
> 読ませてもらいますね!

わかります。
ついつい後回しになっちゃう作品ってありますよね!
見るのにちょっと気合が要るかも。。。。
レビュー楽しみにまってますねぇ川*'-'*川/
2013-02-23 Sat 19:35 | URL | mia☆mia #-[ 内容変更]
重苦しくて衝撃的な物語でしたね。

私も、まさにmia☆miaさんと同じ所で疑問を持ったわ。
愛した男と奥さんの間に出来た子供にあれだけ愛情を
かけられるものだろうか?って。
まあ、私なりに答を出したんですけど。
(いろいろ考えてたらすごく長い感想になっちゃった(+_+))

それと、そもそも赤ちゃんを置いて、夫婦で出かけるかなあ?
戸締りもしっかりせずに。その2点は疑問でした。

私は加害者にはあまり同情できなかったです。
別れるシーンなんかは涙がボロボロだったけど。
ラストは、頑張ろうって前向きになった娘の姿に
感動して泣けました(;_;)
2013-04-20 Sat 17:49 | URL | YAN #9L.cY0cg[ 内容変更]
> 重苦しくて衝撃的な物語でしたね。

ご覧になったんですね~。コメント&トラバありがとです。
邦画は重いの多いですよね。

> 私も、まさにmia☆miaさんと同じ所で疑問を持ったわ。
> 愛した男と奥さんの間に出来た子供にあれだけ愛情を
> かけられるものだろうか?って。
> まあ、私なりに答を出したんですけど。
> (いろいろ考えてたらすごく長い感想になっちゃった(+_+))

実際同じ目になってないから、よく分からない感情ですよね。
まぁ赤の他人の赤ちゃんを誘拐する人もいることだし、赤ちゃんには
人を(母性を)惹きつけて止まない魅力ありますもんね。

> それと、そもそも赤ちゃんを置いて、夫婦で出かけるかなあ?
> 戸締りもしっかりせずに。その2点は疑問でした。

それは絶対ない(笑) ドラマだから手っ取り早くそういう設定に
したんでしょうね~^^

> 私は加害者にはあまり同情できなかったです。
> 別れるシーンなんかは涙がボロボロだったけど。
> ラストは、頑張ろうって前向きになった娘の姿に
> 感動して泣けました(;_;)

どんなに実母がダメな人でも、誘拐は誘拐だし人の道に外れますものね。
子供の人生(4分の1位)まで壊しちゃったわけですし。

ワタシ単純なんで、ついつい継母目線で見てしまった(笑)
映画製作者のオモイノツボ!!
アメリカ映画には無いテンポで、じっくり見入ることが出来ました
2013-04-21 Sun 14:07 | URL | mia☆mia #-[ 内容変更]
コメントの投稿

管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック:
トラックバック URL

FC2ブログユーザー専用トラックバック URL
公開2011年日本原作角田光代監督成島出出演井上真央 永作博美 小池栄子 森口瑤子 田中哲司 渡邉このみ 市川実和子 吉本菜穂子 相築あきこ 別府あゆみ 安藤玉恵 安澤千草 蜂谷... …
2013-02-23 Sat 10:31 Day by Day
2011年日本アカデミー賞総なめの見応えある人間ドラマ。 泣けた~~(;_;)・・・けどね、私はあの女のした事は許せないな。 監督:成島出 製作:2011年 日本 原作:角田 …
2013-04-20 Sat 17:50 RockingChairで映画鑑賞
| miaのmovie★DIARY |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。