ハリウッド映画中心。キャストに重点をおいてレビューしてます。 主にWOWOWで鑑賞。 旧作につきましてはネタばれの場合がございます。

  映   画   小   僧   の   映   画   感   想


いらっしゃいませ♪ 

コメント、TB大歓迎です(^O^)

クリックしてくださぁい☆

FC2 Blog Ranking
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログ 映画備忘録へ
にほんブログ村
-------- -- --:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
2013-03-04 Mon 00:00
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い Blu-ray & DVDセット(初回限定生産)ものすごくうるさくて、ありえないほど近い Blu-ray & DVDセット(初回限定生産)
(2012/06/16)
トム・ハンクスサンドラ・ブロック

商品詳細を見る

EXTREMELY LOUD & INCREDIBLY CLOSE
制作国:アメリカ 制作年:2011年

大切な人を失った悲しみーー誰にでも必ず訪れるそのことに、
人はあまりにも無防備だ。覚悟した別れでも受け入れがたいの
に、ましてそれが突然で理不尽な別離だとしたらーー。オスカ
ーと父は、親子であると同時に親友だった。父は少しばかり繊
細で生きることに不器用なオスカーを、その個性を壊さずに導
いてくれる頼もしい師でもあった。そんな二人を優しく見守る
母親。ところがーー9.11が最愛の父を奪ってしまう。オスカー
は父が遺した一本の鍵に、最後のメッセージが込められている
と信じ、鍵穴を探す旅に出る。鍵の入っていた封筒に書かれた
文字に従い、ニューヨーク中の“ブラック氏"を訪ね歩くオス
カー。やがて謎の老人が同行者となり、いつしかオスカーの
辿った軌跡は、人と人とをつなぐ大きく温かい輪になっていく。
ついにオスカーは、鍵の真実とめぐり会うのだがーー。


出演:トム・ハンクスサンドラ・ブロックトーマス・ホーンほか
監督:スティーヴン・ダルドリー
脚本:エリック・ロス


9.11が起こってから、アメリカにあの事故を
テーマに扱う映画が増えた。

平和に普通に生きてることが、本当はとっても幸せなことだって
大切な人が突然目の前から消えて、それが分かる。
自分もそれが分かっているつもりでも、多分ぜんぜん分かっていない。

~~ネタバレ含みます~~
大好きなお父さんがいなくなって、オスカーは精神不安定。
肉親の実母とはあまりうまくいっていない。
特にこの年齢の男児には父親が必要な時期だということも
あるけど。
そのお父さんの残した1つの鍵。
その鍵に合う鍵穴を見つけるためにオスカー少年は何年もかけて
捜すんだよね。
結局見つかった鍵穴は少年の期待したものではなかったけれど
別の何かが見つかったよね。


トム・ハンクス
亡くなっちゃうパパ。良いパパなんだなぁ。
登場シーンは多くないが、この映画=トム・ハンクスってな
くらいの存在感。

サンドラ・ブロック
彼女もさすがの貫禄。
どんな役柄もこなすのね。
ラストで、彼女のしたことが分かるが、じーんときちゃう。

トーマス・ホーン
顔などぜんぜん似てないけど、なぜかホーム・アローンの頃の
カルキン少年を思い出してしまった。
消えちゃう子役も多いけど、これからも頑張って欲しい。


相変わらずヒューマンドラマ系の感想文は書きにくいなぁ。


mia☆mia


いつも応援クリックありがとうございます♪

にほんブログ村 映画ブログ 映画備忘録へ
 
にほんブログ村 映画ブログへ


スポンサーサイト
別窓 | ヒューマン・ドラマ | コメント:8 | トラックバック:1 |
<<ドラゴン・タトゥーの女 | miaのmovie★DIARY | 顔のないスパイ >>
この記事のコメント:
陰ながら身守る親の愛には涙が出ちゃいました。
母親の行動には やられた~って思ったし、
父親も生きている頃から自分で答を探す子に育てていたし、
なんか出来過ぎな親で、自分がダメ親に見えてくる・・・(^^;

この主役の少年の目がとっても印象的でしたね!
なんでも、クイズ番組で優勝して、それが主役に繋がったとか。
俳優の道に進むのかしら。今後も映画で観たいですよね。
2013-03-04 Mon 17:55 | URL | YAN #9L.cY0cg[ 内容変更]
> 陰ながら身守る親の愛には涙が出ちゃいました。
> 母親の行動には やられた~って思ったし、
> 父親も生きている頃から自分で答を探す子に育てていたし、
> なんか出来過ぎな親で、自分がダメ親に見えてくる・・・(^^;

ほんとそうですよね(T△T)お母さんには何でもお見通しだったなんて。
そんなそんなYANさんは絶対立派なお母さんやと思いますよ♪
ワタシこそダメダメ母であります。
>
> この主役の少年の目がとっても印象的でしたね!
> なんでも、クイズ番組で優勝して、それが主役に繋がったとか。
> 俳優の道に進むのかしら。今後も映画で観たいですよね。

そう。青い目が綺麗だったぁ。
演技はお世辞にも上手いとは言えなかったですけど、初出演で
初主演ですもんね。度胸ありますね。
なんとなくだけどコメディ映画に合ってる気がしましたが。
2013-03-04 Mon 18:40 | URL | mia☆mia #-[ 内容変更]
[]
この映画、何と言っても子役のトーマス・ホーンが良かったです。
内容に関しても、mia☆miaさんが書かれている通り、母が子を思う気持ちの表現が素敵でしたね。

そして、電話で「いるのか?」て聞かれたのが最後の父の記憶っていうのは本当に辛いですよね。本当にトラウマになると思いました。

PS.もしよろしければ、相互リンクお願いしたいのですがいかがでしょうか?
2013-03-05 Tue 11:46 | URL | 無様な愚か者 #-[ 内容変更]
> この映画、何と言っても子役のトーマス・ホーンが良かったです。
> 内容に関しても、mia☆miaさんが書かれている通り、母が子を思う気持ちの表現が素敵でしたね。

同じ、一人息子を持つ母のワタシですが、同じことを出来るかと問われると
スグサマNO!と答えます。
トーマスくん、フレッシュでしたねぇ~。

> そして、電話で「いるのか?」て聞かれたのが最後の父の記憶っていうのは本当に辛いですよね。本当にトラウマになると思いました。

電話に出られない気持ちが分かります。
死に直面してる父からの電話ですもんね。
告白できて少しは気が楽になったでしょうね。

> PS.もしよろしければ、相互リンクお願いしたいのですがいかがでしょうか?

こちらからも是非お願いします♪
これからも宜しくおねがいいたします☆
2013-03-05 Tue 17:21 | URL | mia☆mia #-[ 内容変更]
>同じ、一人息子を持つ母のワタシですが、同じことを出来るかと問われると
スグサマNO!と答えます。

miaさん、そんなっ(笑)

相互リンクの件、ありがとうございます(^^)
さっそくリンクさせていただきました。
こちらのほうでもお手数ですが、リンクよろしくお願いします。

相互リンクが完了いたしましたら、相互リンクの紹介記事を書かせていただきたいと思っていますので、よろしくお願いします(^^)/

2013-03-06 Wed 17:47 | URL | 無様な愚か者 #-[ 内容変更]
> >同じ、一人息子を持つ母のワタシですが、同じことを出来るかと問われると
> スグサマNO!と答えます。
>
> miaさん、そんなっ(笑)

だめですかっ(笑)

> 相互リンクの件、ありがとうございます(^^)
> さっそくリンクさせていただきました。
> こちらのほうでもお手数ですが、リンクよろしくお願いします。
> 相互リンクが完了いたしましたら、相互リンクの紹介記事を書かせていただきたいと思っていますので、よろしくお願いします(^^)/

ありがとうございます♪
もう早速リンク貼らせていただいてますよ^^
ご確認くださいませ。
これからも宜しくお願いします☆
2013-03-07 Thu 16:34 | URL | mia☆mia #-[ 内容変更]
リンクしていただいていた事に、さきほど気づきました。
ずっと、おともだちのところを、勝手にリンクと勘違いしておりました。申し訳ありません。
m(_ _)m

紹介記事書かせていただきました!
なにかまずいとこあったら言ってください。
対応いたします(^^)
2013-03-07 Thu 16:55 | URL | 無様な愚か者 #-[ 内容変更]
> リンクしていただいていた事に、さきほど気づきました。
> ずっと、おともだちのところを、勝手にリンクと勘違いしておりました。申し訳ありません。
> m(_ _)m

こちらこそ、分かりづらいトコロなので、ごめんなさい<(_ _)>
このテンプレ、リンク先が1番下の目立たない場所なんです<(_ _)>

> 紹介記事書かせていただきました!
> なにかまずいとこあったら言ってください。
> 対応いたします(^^)

記事書かれる早さ(速さ?)にビックリしました。
すごく良く書いていただいて恥ずかしいけど嬉しいです!
ありがとうございました♪
・・・気さくなオバチャンより・・・
2013-03-07 Thu 18:14 | URL | mia☆mia #-[ 内容変更]
コメントの投稿

管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック:
トラックバック URL

FC2ブログユーザー専用トラックバック URL
大切な人の喪失とその悲しみを、どう乗り越えて生きていくのか・・・ やっぱり私は、母親の気持ちに一番心打たれた★ 2011年度アカデミー賞作品賞ノミネート EXTREMELY LOUD AND... …
2013-03-04 Mon 17:57 RockingChairで映画鑑賞
| miaのmovie★DIARY |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。