ハリウッド映画中心。キャストに重点をおいてレビューしてます。 主にWOWOWで鑑賞。 旧作につきましてはネタばれの場合がございます。

  映   画   小   僧   の   映   画   感   想


いらっしゃいませ♪ 

コメント、TB大歓迎です(^O^)

クリックしてくださぁい☆

FC2 Blog Ranking
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログ 映画備忘録へ
にほんブログ村
-------- -- --:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
2013-03-22 Fri 00:00
恋人たちのパレード
恋人たちのパレード [DVD]恋人たちのパレード [DVD]
(2012/06/06)
ロバート・パティンソン、リーズ・ウィザースプーン 他

商品詳細を見る

WATER FOR ELEPHANTS
制作国:アメリカ 制作年:2011年

卒業目前で両親を亡くした、獣医志望の大学生ジェイコブ。
経済的に追いつめられた彼は、職探しのため都会へ向うも
道のりは険しく、たまたま通りかかった移動サーカス団の
電車に捨て鉢で飛び乗る。運良くそこで動物の世話係とし
て雇われた彼は、団長であるオーガストの妻で一座の花形
マーリーナと、象のロージーを通して親密になってゆく。
許されない恋と知りつつも惹かれ合う二人だったが、嫉妬
深く暴力的なオーガストは彼らの仲を疑うようになり……。


出演:ロバート・パティンソンリース・ウィザースプーンクリストフ・ヴァルツほか
監督:フランシス・ローレンス
脚本:リチャード・ラグラヴェネーズ


世界恐慌時代のアメリカ。
映画が持つ雰囲気はすごくよかった。
おまけに、現在老人である主人公ジェイコブの
語りから始まる回想ドラマ。
この形をとる映画は、なんだかとっても
『すっごく壮大な映画』なイメージがして
ならない。

列車で旅するサーカス一座。
その一団に足を踏み入れるジェイコブ。
それと、後に仲間になるゾウのロージー。
原題にもあるとおり、このロージーが
キーパーソン。じゃなかった、キーエレファントだ。

~~ネタバレもふくみまーす~~

ロバート・パティンソン
個人的には、あ~んまり好みではないが、
こういったちょこっと時代物には合ってる。
ひた向きに女性を愛する不器用な部分がある若者。
やがて、ゾウの世話係(教育係)になるが、
そういう場面があまり無かったのが残念。


リース・ウィザースプーン
好きな女優さん。
すっかり大人の女性になった。
人妻でありながら、新しくサーカス一座に入った
若者に惹かれる。
ラブコメはすっかり卒業しちゃったのかな、リース。


クリストフ・ヴァルツ
サーカス一座の嫌な団長。
ほんと、嫌なヤツ!って思いがちなんだけど、
間違ったことは動物たちを虐待しちゃうことくらい。
(本人にしてみればそれもしつけなんだけど)
冷静に考えれば、ポッと現れた若者と愛する妻が
仲良くなっちゃうんだから、ヤキモチ妬くのもごもっとも。



ちょい古い時代のアメリカものが好きな方にはおススメでっす。




mia☆mia


応援クリックおねがいします♪

にほんブログ村 映画ブログ 映画備忘録へ
 
にほんブログ村 映画ブログへ


スポンサーサイト
別窓 | ラブロマンス | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<ヒューゴの不思議な発明 | miaのmovie★DIARY | フェイク・クライム>>
この記事のコメント:
コメントの投稿

管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック:
トラックバック URL

FC2ブログユーザー専用トラックバック URL
| miaのmovie★DIARY |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。