ハリウッド映画中心。キャストに重点をおいてレビューしてます。 主にWOWOWで鑑賞。 旧作につきましてはネタばれの場合がございます。

  映   画   小   僧   の   映   画   感   想


いらっしゃいませ♪ 

コメント、TB大歓迎です(^O^)

クリックしてくださぁい☆

FC2 Blog Ranking
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログ 映画備忘録へ
にほんブログ村
-------- -- --:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
2013-10-19 Sat 00:00
トールマン
トールマン [DVD]トールマン [DVD]
(2013/03/13)
ジェシカ・ビールジョデル・フェルランド

商品詳細を見る

【THE TALL MAN】
制作国:アメリカ/フランス 制作年:2012年

広大な森と迷路のような地下壕に囲まれた炭鉱町コールド・ロック
。6年前の鉱山閉鎖で急速に寂れ、貧困と静寂の中で死を待つばか
りのこの町から、次々と幼い子供たちが消えてゆく。犠牲者は既に
18人。誰が?何のために?謎は謎を呼び、人々は正体不明の子取り
鬼を"トールマン"と名づけた。町で診療所を開く看護婦のジュリ
アは、ある晩、自宅から何者かに連れ去られた子供を追い、傷だ
らけになりながらも町外れのダイナーに辿り着く。そこに集う住
人たちの不可解な行動。やがて、全ての謎が解け、想像を絶する
真実が明らかになったとき、"トールマン"は忌まわしい伝説と化す


出演:ジェシカ・ビールジョデル・フェルランドスティーヴン・マクハティ
監督:パスカル・ロジェ
脚本:パスカル・ロジェ


意外性あったわ。この作品!!!
全く予測がつかない方に話が進む。

冒頭シーン。
子供たちを守った先生か何か
(本当の職業は看護師?)が
顔に大怪我を負い手当中。
なのに大事な子供たちはいなくなってしまった。

一体誰がどんな目的で子供たちを連れ去ったのだろうか。
わくわくしながら観進めていくと・・・・・

~~半分ネタバレ~~
聖女で、良き母だと勝手に思い込んでいた主人公が実は
ワルモノだった!
連続誘拐犯の黒幕だったとは!!
そして哀れ。
子供たちはみんな殺され、あちらこちらに埋められて。

・・・と思いきや。
それも事実ではなかった。
まぁ、終わり方は自分の好みではあったけれど。


ジェシカ・ビール
中盤では、「どうしてジェシカ・ビールってばこんな映画に出演
したんだろう?」って心配しちゃった。
だって殺人鬼役にはどうしても不釣合いだから。
良い人役が多い彼女だけに、この役はちょぴり冒険だったんじゃ
ないかな。
何回も書くけど、良い意味でどんでん返しはあるよ。


ジョデル・フェルランド
この映画の敢闘賞は彼女。
とってもキュートな少女だった。


中盤~後半は好きな作風だった。
映画のテーマもよく伝わってくる。
産みの親と一緒に過ごすだけが子供の幸せだとは
限らないのかなぁ。
ちょっと考えさせられちゃったわぁ。






mia☆mia

スポンサーサイト
別窓 | サスペンス・ホラー | コメント:6 | トラックバック:3 |
<<白雪姫と鏡の女王 | miaのmovie★DIARY | オブリビオン>>
この記事のコメント:
またまたコレはそそりますなあ~φ(。。*)メモメモ
mia☆さんからはいつも知らない映画を知らされるので
めっちゃありがたや~ですよ☆(*^-゜)v Thanks!!

今、映画鑑賞休止状態やねん(苦笑)
ブログ更新、何書こうか思案中~・・・



2013-10-20 Sun 11:52 | URL | デラ #-[ 内容変更]
> またまたコレはそそりますなあ~φ(。。*)メモメモ
> mia☆さんからはいつも知らない映画を知らされるので
> めっちゃありがたや~ですよ☆(*^-゜)v Thanks!!

ほぼWOWOWでしか見てないンでけっこうマイナーなのもあります~。
この作品はお勧め度は30位かも。途中だるかった・・・・
>
> 今、映画鑑賞休止状態やねん(苦笑)
> ブログ更新、何書こうか思案中~・・・

そうなんですね~。寂しいーq(T▽Tq)(pT▽T)p
ワタシもストックが早くも底つき中でありますっ。
2013-10-20 Sun 17:01 | URL | mia☆mia #-[ 内容変更]
こんばんわ。
以前、この監督の作品、『マーターズ』を見て、『ダンサーインザダーク』に匹敵する後味の悪さの作品だったので、よっぽどのものを期待していたのですが、いい意味でホッとしました。

ジョデル・フェルランド≫
かわいかったですよねぇ。
アヤカ・ウィルソンみたいでした。

産みの親と一緒に過ごすだけが子供の幸せだとは
限らないのかなぁ≫そうなんですよね。
この綺麗事ではどうにもならない問題を感じさせてくれましたよね。
2013-11-01 Fri 21:03 | URL | 茶栗鼠 #-[ 内容変更]
> 以前、この監督の作品、『マーターズ』を見て、『ダンサーインザダーク』に匹敵する後味の悪さの作品だったので、よっぽどのものを期待していたのですが、いい意味でホッとしました。

中盤から後はワタシも好きです^^

> ジョデル・フェルランド≫
> かわいかったですよねぇ。
> アヤカ・ウィルソンみたいでした。

アヤカ・ウィルソンって知りませんq(T▽Tq)
ジョデルちゃん、透明感がありますねぇ。
楽しみな子役がまた1人。

> 産みの親と一緒に過ごすだけが子供の幸せだとは
> 限らないのかなぁ≫そうなんですよね。
> この綺麗事ではどうにもならない問題を感じさせてくれましたよね。

お金が無いために、受けたい教育を受けられない。
作り手はそういう子供たちを見てインスピレーションを得たんでしょうか。
色々考えさせられたラストでした(-ω-;)
2013-11-03 Sun 15:54 | URL | mia☆mia #-[ 内容変更]
[]
私もすっかり騙されてしまいました。
可哀想な母親が、ランボーのごとくガムシャラに子供を救いにいってるのかと思いきや…。
二転三転して先が読めないところが面白かったですね。

>産みの親と一緒に過ごすだけが子供の幸せだとは限らないのかなぁ。

それは確かにあるけど、やはり無理やりやったらただの犯罪だろうなぁと思いました。
彼ら、誘拐して引き渡すまでで精一杯で、引き渡した後にきちんと育てられているかまで管理できてなさそうですし…。
問題提起としてはよかったと思います。
2015-08-27 Thu 11:33 | URL | 宵乃 #K4YeSyNc[ 内容変更]
どんでん返しに次ぐどんでん返しで、本当にどうなるのか分からない作品でした。

> 彼ら、誘拐して引き渡すまでで精一杯で、引き渡した後にきちんと育てられているかまで管理できてなさそうですし…。
> 問題提起としてはよかったと思います。

ミステリーテイストを装って、実は社会派映画でしたよね。
親としてけっこう考えさせられる映画でした。
子供たちがみな、のびのび生き生きと、そして自分の進みたい道に進み
幸せ溢れる未来に繋がるといいですね!
2015-08-27 Thu 19:38 | URL | mia☆mia #-[ 内容変更]
コメントの投稿

管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック:
トラックバック URL

FC2ブログユーザー専用トラックバック URL
あの展開には驚いた。 …
2013-10-27 Sun 01:21 だらだら無気力ブログ!
ジェシカ・ビール主演、ジョデル・フェルランドちゃん共演(大きくなりました…)。監督は「マーターズ」のパスカル・ロジェ。この面子なもんで楽しみにしてた作品でした(その割には借りてずっと放置…そこん所はツッコまないで下さい)。 舞台は廃れた鉱山の町。住民たちの多くは貧困状態、そんな中子供たちの失踪事件が相次ぎ、トールマンと囁かれている「子供さらい」の存在が。しかし、この作品でも単なる児童誘拐を... …
2013-10-27 Sun 09:59 いやいやえん
肝試し企画でホラーいっぱい観てます。意外とニコ生公式のホラーが面白くて観すぎた。今月末までにぜんぶ記事にできるかな?8/26「道化死てるぜ!」タイトルの通り、作品自体が道化を演じているようなB級ホラーコメディ。最初からB級目指してるので、包丁の置き方にも「可笑しいだろっ!(笑)」と笑ってツッコミ入れられる人向けです。頻繁に笑いどころを用意してるし、ゴアシーンは作り物感を出しつつ気持ち悪く仕上... …
2015-08-27 Thu 16:21 忘却エンドロール
| miaのmovie★DIARY |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。