ハリウッド映画中心。キャストに重点をおいてレビューしてます。 主にWOWOWで鑑賞。 旧作につきましてはネタばれの場合がございます。

  映   画   小   僧   の   映   画   感   想


いらっしゃいませ♪ 

コメント、TB大歓迎です(^O^)

クリックしてくださぁい☆

FC2 Blog Ranking
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログ 映画備忘録へ
にほんブログ村
-------- -- --:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
2013-11-09 Sat 00:00
ソウル・サーファー
Soul Surfer: Music From the Motion PictureSoul Surfer: Music From the Motion Picture
(2011/04/05)
Various Artists

商品詳細を見る

【SOUL SURFER】
制作国:アメリカ 制作年:2011年

ベサニー・ハミルトンはカウアイ島で両親と二人の兄に囲まれて
暮らし、母から「マーメイド=人魚」と呼ばれるほど時間さえあれ
ば美しいハワイの海に飛び込み、幼なじみの親友アラナとともに
プロサーファーになることを夢見ていた。ハミルトン一家全員が
サーファーであり、優しい父トム、愛にあふれた母シェリーもベ
サニーの夢を応援し、兄たちとも競いあって成長していた。地方
コンテストで1位を獲得し、ベサニーとアラナにはスポンサー契
約の話が舞い込んできた。夢が叶うのはもうすぐそこ。そんな
ある日、突然の悲劇がベサニーを襲う。コンテストに備え、ア
ラナとアラナの父と練習にでかけた朝、ベサニーは突然サメに
襲われ、サーフボードごと左腕を噛み取られてしまったのだ。
一命はとりとめたものの、もう二度と元には戻れない。この事件
は大きなニュースとなり、メディアが押し寄せてきた。ベサニー
は戸惑い、不安に悩みながらも片腕の生活になんとか慣れようと
し、事故後わずか1カ月で再びサーフィンを始めるのだった。そ
んなベサニーを家族は支え、心配しながらも温かく見守っていた。
だが、復帰して最初のコンテストで、ベサニーは思うような結果
が残せず、絶望の中で一度はサーフィンと決別するのだが?。


出演:デニス・クエイドヘレン・ハントアナソフィア・ロブほか
監督:ショーン・マクナマラ
脚本:ショーン・マクナマラほか
原作:ベサニー・ハミルトンほか


片腕しか無いサーファーの活躍は何となくは知っていた。
この映画を観て詳細を初めて知ることが出来た。

いやー。
彼女の身に起きたことが、もし自分に・・・・と想像してみたけど。
ワタシならもう2度とサーフィンはしていない。
出来る筈もない。
しようと思わないだろう・・・・。
きっと、100人中99人の人もそうじゃないかな。

でも、彼女は違った。不可能を可能にしちゃったんだよね。

何もわるいことをしていないのに、神様は少女の腕を1本
奪ってしまった。
それは神様のイジワルでありながら、きっと「このコなら
乗り越えられる」と分かっていたから。
そして、そのことで世界中のみんなに勇気を与えられる
伝道師になり得るから選ばれたんじゃないだろうか。
そんな風に思ってしまった。

ココが面白かった↓↓
〇自分もサーフィンしてる気分になれるほどの躍動感ある映像。
 波の中を抜けるシーンは爽快だったな。


アナソフィア・ロブ 
実話もので、モデルがいる場合の演技ってとても難しいと思うけれど
アナソフィアちゃんは立派にやり遂げてた。
【チャーリーとチョコレート工場】に出てた女の子なんだね。
可愛くなったなぁ。
サーフィンの猛練習をしたそう。


デニス・クエイド 
こういった映画の場合、脇を固めるのは決まって一流の俳優。
この作品も例外ではありませぬ。
精神的にも肉体的にも娘を支えるお父さん。
片腕しか無いべサニーのために、ボードに取っ手をつけるアイデアの
お陰でプロサーファーになれた、と言っても過言じゃないよね☆


ヘレン・ハント
とっても優しいお母さん。
甘やかすことなく、でも深い愛情で包む。
ヘレン・ハント。久しぶりに見たな。
これくらいの年代の女優さんで今も一線で活躍してるのって珍しい。
ずっとガンバッテ欲しい。


自分の子供がもし同じように不慮の事故にあってしまったら、
彼ら(父や母、兄たち)のように接することが出来るのだろうか。

彼女が立ち直れたのは、家族の支え、周りの人たち友人たちの
愛情があったからこそだね。

久しぶりに良いナミダが流せた作品だった。


mia☆mia

スポンサーサイト
別窓 | ヒューマン・ドラマ | コメント:6 | トラックバック:1 |
<<人生の特等席 | miaのmovie★DIARY | ボディ・ハント>>
この記事のコメント:
この映画は知ってるけど・・・
この手の実話ものは、かなり苦手だから良い作品でも
あえて観ない私であります^^;

順調に更新してるね☆
mia☆さんのレビュー楽しみにしてるよん(^-^)v


2013-11-09 Sat 10:23 | URL | デラ #-[ 内容変更]
テレビで見たけど、実際の少女も可愛い子だったよね。
事故から1カ月でまたサーフィンするなんて、
ほんと芯が強くて勇気がある!

mia☆miaさんは、親の立場からも観てたのね~
うん、こういうの、私も涙が出そう・・・
2013-11-09 Sat 17:20 | URL | YAN #9L.cY0cg[ 内容変更]
> この映画は知ってるけど・・・
> この手の実話ものは、かなり苦手だから良い作品でも
> あえて観ない私であります^^;

実話ものなら何でもOKでは無いのですね♪
確かに、腕を食いちぎられるシーンは目を覆っちゃいました。

> 順調に更新してるね☆
> mia☆さんのレビュー楽しみにしてるよん(^-^)v

書けるときに書いて予約投稿にしてまーす!
UPしたときのカレンダーの色が規則的に揃うのが好きなんです♪
2013-11-09 Sat 18:37 | URL | mia☆mia #-[ 内容変更]
> テレビで見たけど、実際の少女も可愛い子だったよね。
> 事故から1カ月でまたサーフィンするなんて、
> ほんと芯が強くて勇気がある!

エンドロールで本人が映りましたが、とても明るい笑顔の
ブロンド少女でした。
根が明るくないとこうは生きられない(T△T)

> mia☆miaさんは、親の立場からも観てたのね~
> うん、こういうの、私も涙が出そう・・・

同じ年頃の子供が居るのでどうしても親心が・・・。
ワタシが親ならサーフィンを再び始めることを応援
できるのかな。。。。ご両親も素晴らしいです。
2013-11-09 Sat 18:39 | URL | mia☆mia #-[ 内容変更]
戦争映画もそうですが、どうしてもこういった痛々しい映画は苦手で、劇場もDVDでも鑑賞していませんでした。

miaさんの感想を読んで、観ることができるかなと思ったの。
この映画のあらすじよりも、miaさんの素敵な感性に感動しました。
仏教用語に「変毒為薬」と言う言葉がありますが、
言葉通りに乗り越えた人には、
やはりmiaさんがおっしゃるような使命があるのだと思いますし、
それに気がついたら本人の幸福感はガラリと変わるような気がします。
2013-11-09 Sat 19:55 | URL | ぷっちん #Drcz0VvE[ 内容変更]
> 戦争映画もそうですが、どうしてもこういった痛々しい映画は苦手で、劇場もDVDでも鑑賞していませんでした。

ワタシもどちらかと言えばそうでした!

> miaさんの感想を読んで、観ることができるかなと思ったの。
> この映画のあらすじよりも、miaさんの素敵な感性に感動しました。
> 仏教用語に「変毒為薬」と言う言葉がありますが、
> 言葉通りに乗り越えた人には、
> やはりmiaさんがおっしゃるような使命があるのだと思いますし、
> それに気がついたら本人の幸福感はガラリと変わるような気がします。

ありがとうございます♪
この映画の主人公に限らず、「どうしてこんなにイイ人がこんな目に?」と
思うことが多々あるんです。
だから、きっと何かしらの使命を帯びてるに違いない。そう感じるんです。
その仏教用語は知りませんでした。勉強になりました♪
他から見て幸福に見える人も本人自身がそう感じていなければ不幸。
世の中の人々が、日々少しでもしあわせを感じて生きていけたらいいですのにね。
2013-11-11 Mon 15:45 | URL | mia☆mia #-[ 内容変更]
コメントの投稿

管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック:
トラックバック URL

FC2ブログユーザー専用トラックバック URL
勇気をもらえます公式サイト http://disney-studio.jp/movies/soulsurfer6月9日公開実話の映画化原作: ソウル・サーファー サメに片腕を奪われた13歳 (べサニー …
2013-11-14 Thu 11:18 風に吹かれて
| miaのmovie★DIARY |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。