ハリウッド映画中心。キャストに重点をおいてレビューしてます。 主にWOWOWで鑑賞。 旧作につきましてはネタばれの場合がございます。

  映   画   小   僧   の   映   画   感   想


いらっしゃいませ♪ 

コメント、TB大歓迎です(^O^)

クリックしてくださぁい☆

FC2 Blog Ranking
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログ 映画備忘録へ
にほんブログ村
-------- -- --:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
2013-10-26 Sat 00:00
テイク・ディス・ワルツ
テイク・ディス・ワルツ [DVD]テイク・ディス・ワルツ [DVD]
(2013/03/02)
ミシェル・ウィリアムズセス・ローゲン

商品詳細を見る

【TAKE THIS WALTZ】
制作国:カナダ 制作年:2011年

マーゴ(ミシェル・ウィリアムズ)とルー(セス・ローゲン)は、
結婚して5年目。2人の間に子供はいないが、いつまでも恋人
同士のように、仲睦まじく暮らしている。恋愛時代の情熱や
ときめは薄れつつも、何ひとつ不満もなく穏やかな愛情を育
む毎日。ある日、マーゴは仕事で訪れた島で、ダニエル(ルー
ク・カービー)という一人の青年に出会い、彼に強烈に惹か
れる何かを感じてしまう。ダニエルとの束の間の時間を楽し
むが、彼が偶然にも自分たちの家の近くに住んでいることを
知り、マーゴは激しく動揺する…。意図せずダニエルと過ご
す時間が増え、夫とは正反対の彼に惹かれていくマーゴ。
どうにもならない思いが募ったとき、マーゴが決めた道とは。


出演:ルーク・カービーセス・ローゲンミシェル・ウィリアムズほか
監督:サラ・ポーリー
脚本:サラ・ポーリー


最初から最後まで、この作品の面白さを見出せないでいた。
コメディ色の入ってないラブロマンス・ドラマ。
路線がニガテだってこともあるけど、、、、、、。

~~ネタバレ含みます~~

ココはよかった↓↓
ミシェル・ウィリアムズのお衣装。
 どの服もPOPなのに上品で可愛らしかった。
〇ダニエルに走ってしまった後の、回るカメラワーク。
 多くを語らないのに、一目瞭然。
〇パーティーシーンの映像の美しさ。

結局はアレかね。
誰と一緒になっても結果は同じってことなのかね?


ミシェル・ウィリアムズ
いつも思う。不思議な魅力を持つ女優さん。
おばさんなのか若いのか。
キレイなのかそうじゃないのか。
凝った演技派なのか自然派なのか。
ビミョーなライン。そこがイィ。
いつも言えるのは。
脱ぎっぷりがいい。
ほんと気持ちよくオールヌードを披露してくれるんだよね。

セス・ローゲン
真面目ムードの映画だけど、彼が登場シーンはちょっぴり笑いが
入る。
元々持ってる明るい雰囲気のなせる業なのかな。
チキンレシピの筆者。パーティー好きな役柄が似合う。

ルーク・カービー
この俳優さん知らない。
誰かに似てる気がするけど思いつかない。


犠牲を強い、ツライ思いもし、やっと手に入れた生活だったのに、
日常になるとこんなものなのだろうか。
ときめきは長続きしないって皆わかってるのにね。( ´o`)п< <


mia☆mia

スポンサーサイト
別窓 | ラブロマンス | コメント:4 | トラックバック:1 |
<<最強のふたり | miaのmovie★DIARY | 白雪姫と鏡の女王>>
この記事のコメント:
私はこれかなりよかったです
ミシェルさんの演技、サラ・ポーリーの演出、ぐっときちゃった
女性なら誰しも持ってる部分を繊細に浮き彫りにしていく過程が上手いと思いました
結局誰が相手でも同じで、あの遊園地の乗り物のように自分の世界でガンガンのりきっていても、途中で音楽が終わって現実に戻る、あの繰り返しなのでしょう
その曲の選択もよくって、やられたなーとお気に入りの一作にしちゃいましたー
2013-10-27 Sun 10:04 | URL | maki #jQTfdwCM[ 内容変更]
セスが出ていて普通のラブロマンス?
彼は何ともいえないあったかムードのある人だよね。
mia☆さんの言う通りやわ~

ミシェルもそうやね~ ベッピンさんやないけど。。
役柄でいろんな顔を見せるよね。独特のオーラーがあると思う。

φ(。。*)メモメモ また、まとめて鑑賞するときのためにね☆




2013-10-27 Sun 16:36 | URL | デラ #-[ 内容変更]
> 私はこれかなりよかったです
> ミシェルさんの演技、サラ・ポーリーの演出、ぐっときちゃった

そうなんですか!makiさんといえばサスペンス・ホラーのイメージなので
なんだかちょっと意外な感じがしました!!

> 女性なら誰しも持ってる部分を繊細に浮き彫りにしていく過程が上手いと思いました
> 結局誰が相手でも同じで、あの遊園地の乗り物のように自分の世界でガンガンのりきっていても、途中で音楽が終わって現実に戻る、あの繰り返しなのでしょう
> その曲の選択もよくって、やられたなーとお気に入りの一作にしちゃいましたー

映像の流れや見た目の綺麗さはよかったです。
永遠に続く愛なんて幻想ってことですよね(-ω-;)
アンニュイなミシェルがよかったなぁ~。
2013-10-27 Sun 17:52 | URL | mia☆mia #-[ 内容変更]
> セスが出ていて普通のラブロマンス?
> 彼は何ともいえないあったかムードのある人だよね。
> mia☆さんの言う通りやわ~

お休み中なのにお越しいただきありがとございます<(_ _)>
そうなんです。セス出演なのにコメディではありませぬ。
でも彼が出てるシーンだけは明るい雰囲気なんですね。不思議。

> ミシェルもそうやね~ ベッピンさんやないけど。。
> 役柄でいろんな顔を見せるよね。独特のオーラーがあると思う。

やぱ、べっぴんさんじゃないですか(笑)
ワタシもミシェルとキルステン・ダンストは、ちょっとビミョーラインの
女優さんだと・・・・(怒られるかな)
絶世の美女ではないから、余計表情が可愛かったりするし、その分演技の勉強も
してるのかな?あるいは才能があるから美人過ぎなくても主演張れるのかどっちか。
誰が見ても美しい女優で、「この角度以外は写さないで頂戴」みたいな人より
数倍長く生き残れると思います♪

> φ(。。*)メモメモ また、まとめて鑑賞するときのためにね☆

ぜひぜひ。
また映画モードのときにドゾ。 デラさんとの映画談メチャ楽しいですもん♪
2013-10-27 Sun 17:59 | URL | mia☆mia #-[ 内容変更]
コメントの投稿

管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック:
トラックバック URL

FC2ブログユーザー専用トラックバック URL
ミシェル・ウィリアムズさんとセス・ローゲンさんが夫婦役で主演。監督はサラ・ポーリーさんですが、やはり、女性の繊細な感情を汲み取るのが巧い。これ凄く良かったです。 恋愛映画の先の、気心が知れた仲になった夫婦の物語。恋愛時代の情熱やときめきは薄れつつも、何ひとつ不満もなく穏やかな愛情を育む生活のなか、ダニエルという青年と出会ったことから、妻の女性の部分が再燃する。 倦怠期までいかない仲むつま... …
2013-10-27 Sun 10:02 いやいやえん
| miaのmovie★DIARY |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。