ハリウッド映画中心。キャストに重点をおいてレビューしてます。 主にWOWOWで鑑賞。 旧作につきましてはネタばれの場合がございます。

  映   画   小   僧   の   映   画   感   想


いらっしゃいませ♪ 

コメント、TB大歓迎です(^O^)

クリックしてくださぁい☆

FC2 Blog Ranking
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログ 映画備忘録へ
にほんブログ村
-------- -- --:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
2014-01-08 Wed 00:00
小さな命が呼ぶとき
小さな命が呼ぶとき [DVD]小さな命が呼ぶとき [DVD]
(2011/07/22)
ブレンダン・フレイザーハリソン・フォード

商品詳細を見る

【EXTRAORDINARY MEASURES】
制作国:アメリカ  制作年:2010年

仕事にも家庭にも恵まれ順風満帆な生活を送るジョン。
ところが、愛する娘は不治の病に冒されていた。病名は≪ポンペ病≫。
平均寿命9年という難病が彼女の体を蝕んでゆく…彼にとってかけがえ
のない小さな命、娘を救うために、ジョンは人生を賭けた決断をする。
エリート・ビジネスマンというキャリアを捨て、孤独な天才科学者と
ともに製薬会社を起業する


出演:ブレンダン・フレイザーハリソン・フォード/ケリー・ラッセルほか
監督:トム・ヴォーン
脚本:ロバート・ネルソン・ジェイコブス


世の中には沢山の難病に苦しむ子供たちとその家族がいる。
この映画は、難病の1つである『ポンペ病』に冒された姉弟を
治すべく治療薬を作るため立ち上がった両親と、開発研究員の
奮闘記。もちろん実話を基にしたもの。

~~ネタバレ~~
わが子たちを助けるために悪戦苦闘してきたのに、幼児にだけ
薬を与えられるだなんて。
そりゃ無いぜ。って正直思ってしまった。
1つの新薬が世に出るまでってこんなにも大変なものなのか。
作った。試した。よかった。
じゃ無いんだな。と。
2時間の映画でもそれを見て取れるのだから、実際はもっともっと
血のにじむような思いを、関係者は抱いて闘ってるんだろう。



ブレンダン・フレイザー
万年青年っぽい人だったのに、それなりに貫禄が
ついてきた。もう40歳なんだな。
この父親は、子供たちのためなら命すら投げ打つ
だろうなと思わんばかりの名演。


ハリソン・フォード
ちょっぴり頑固でプライド高い研究員。
だけど、心根は優しい。
そんな役柄がよく似合う。


ケリー・ラッセル
子供思いの優しい母親。芯も強い。
彼女の出演作は何作か見てるけど、いつも
可愛らしい。でも、あくまでも出すぎず
他の出演者とのバランスがいいように思う。



今回のように、薬や病気のことを映画を通して初めて
知ることも多い。
少しでも沢山の人に知ってもらうためにも、こういった
映画は是非作って欲しいな。

このような新薬が次々開発され、世界中の尊い命が
救われますように。



mia☆mia





スポンサーサイト
別窓 | ヒューマン・ドラマ | コメント:6 | トラックバック:3 |
<<砂漠でサーモン・フィッシング | miaのmovie★DIARY | ホイットニー・ヒューストン/スパークル>>
この記事のコメント:
ただ感動させるだけの話になってなくて、
泣ける よりも 信念の話になっていたのが良かったです
世界には色んな病気に侵されている人がいて、
そういった人が少しでも早く、治療が受けられ、
出来うれば治る、その可能性が映画の中の決断にありました
それは独りの父親の姿だったのですが、大きな決断ですよね
2014-01-08 Wed 12:50 | URL | maki #jQTfdwCM[ 内容変更]
そうですね。泣こうと思って見たら期待ハズレな作品だと
思います。
お涙頂戴じゃなかったのがよかったです。
と言ってドキュメンタリーのようでもないし、きちんと
映画になってましたよね。
普段忘れてるけど、何不自由なく健康に生きていられるだけですごく
有りがたいことなんですよね。
多くの子供たちが助かる可能性のある新薬がたくさん開発されて欲しいです。
2014-01-08 Wed 17:38 | URL | mia☆mia #-[ 内容変更]
(おそくなりましたが・・・)mia☆miaさん、今年もどうぞ宜しくおねがいいたしますi-190

この映画のこと、すごいキャスティングなのにまったく知らなかったんです(未公開映画かな!?とも思ってしまったくらいi-229)が、年初めから、すごく素敵なレビューを拝見してすごくジーンとしてしまいました。

難病で治療薬がなく、両親が独学で治療方法を作り上げるという映画では、スーザン・サランドン&ニック・ノルティの『ロレンツォのオイル』という映画を思い出しましたが、mia☆miaさんのレビューを読んで実際のポンペ病のことを調べてみてからは、こちらの『小さな命が呼ぶとき』もとても観たくなりました。こういう映画にはすっかり涙もろくなってしまった・・・・

ハリソン・フォードは、年を取ってからは、その枯れた感じや老いの姿がとても良い形で映画に反映されていて、俳優としてとても素敵だなーと思います。ブレンダン・フレイザーは、いつの間にか中年のオッサンになっていたんですね(笑)!この映画、必ず観ますね!!今年もたくさん映画を教えてください♪
2014-01-09 Thu 08:37 | URL | はなまるこ #mHZ/BfkA[ 内容変更]
これは是非観たいです!
さっそくリストにいれますね☆

こういう実話ものは必要だよね。
境遇しなければ知らないまま、無関心のままでいてしまう。
映画から教えられるものって多いんだよね。

いつもありがとう!

2014-01-09 Thu 09:02 | URL | デラ #-[ 内容変更]
本年もヨロシクお願いいたします。何度か訪問したもののご挨拶もせずに申し訳ございません<(_ _)>

> この映画のこと、すごいキャスティングなのにまったく知らなかったんです

あんまり話題にならなかったような気がします。(´ヘ`;) ワタシも知りませんでした。^^

> 難病で治療薬がなく、両親が独学で治療方法を作り上げるという映画では、スーザン・サランドン&ニック・ノルティの『ロレンツォのオイル』という映画を思い出しましたが、mia☆miaさんのレビューを読んで実際のポンペ病のことを調べてみてからは、こちらの『小さな命が呼ぶとき』もとても観たくなりました。こういう映画にはすっかり涙もろくなってしまった・・・・

それこそ有名俳優たち出演なのに、知りませんでした。見てみたいです。
アン・ハサウェイの【ラブ&ドラッグ】なんて映画もありましたっけ。
新薬をテーマにした実話映画、けっこうありますね。

> ハリソン・フォードは、年を取ってからは、その枯れた感じや老いの姿がとても良い形で映画に反映されていて、俳優としてとても素敵だなーと思います。ブレンダン・フレイザーは、いつの間にか中年のオッサンになっていたんですね(笑)!この映画、必ず観ますね!!今年もたくさん映画を教えてください♪

この映画はいわゆるお涙頂戴映画ではないので、全然泣く場面はないのですが
(強いて言うなら病気なのに明るく笑顔で過ごしている子供たちの姿にぐっときたかな)
最後には自分も頑張らねば!といった気持ちにさせてくれる作品でした。
はなまるこさんのレビュー、素晴らしいものになることが今から簡単に想像できます♪
ハリソン・フォード、いぃ感じに枯れてきてますね。ばりばりのアクション俳優だったのに、
演技派なのでアクション無しでもイケル!
今は今の雰囲気ですごく味がありますね。
ブレンダンは童顔なのにオッサンになってます(笑)
はなまるこさん、コメントありがとうございます。そしていつも下さる応援クリックにも感謝です。
今年も沢山映画のお話を一緒にしてくださいね(^O^)
2014-01-09 Thu 18:24 | URL | mia☆mia #-[ 内容変更]
> こういう実話ものは必要だよね。
> 境遇しなければ知らないまま、無関心のままでいてしまう。
> 映画から教えられるものって多いんだよね。
> いつもありがとう!

この映画はきっとデラさんはお好きだろうな~と思いながら書きました^^
ご覧になってくださいね。
この映画を見ても、何も行動できない自分にイラッとします(T△T)

こちらこそいつもありがとうございます(^O^)
応援クリックにも感謝です☆
2014-01-09 Thu 18:26 | URL | mia☆mia #-[ 内容変更]
コメントの投稿

管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック:
トラックバック URL

FC2ブログユーザー専用トラックバック URL
ポンペ病という難病を抱えた子供達のために、父は人生を賭けた決断をする。エリート・ビジネスマンというキャリアを捨て、孤独な天才科学者とともに製薬会社を起業…実話らしいです。 体内の糖分を分解できなくなり全身の筋力が低下して、歩くこともできなくなり10才までに死に至る不治の病。そんな難病の子供を2人も抱えたエリートビジネスマン。彼がポンぺ病の研究をしている学者ボブとともに財団を起こし、ポンペ病... …
2014-01-08 Wed 12:46 いやいやえん
新薬に希望を求めて公式サイト http://www.papa-okusuri.jp7月24日公開実話の映画化新潮文庫から本(上・下)も出ています監督: トム・ヴォーン 「ベガスの恋に勝つルール」字幕: …
2014-01-15 Wed 16:06 風に吹かれて
原題:Extraordinary Measures 製作年:2010年 製作国アメリカ まず、お涙頂戴的な映画ではないこと! ある意味、シビアで現実的。。もちろん実話であるからして あたり前なのだけど・・ 日本映画なら、おそらく難病の子と親の苦悩の姿を重点に 涙、涙の描写になるところかも知れないと思う。 そういうのはどうも苦手な自分でありますが・・ この映画は、... …
2014-01-29 Wed 08:27 映画健忘録
| miaのmovie★DIARY |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。