ハリウッド映画中心。キャストに重点をおいてレビューしてます。 主にWOWOWで鑑賞。 旧作につきましてはネタばれの場合がございます。

  映   画   小   僧   の   映   画   感   想


いらっしゃいませ♪ 

コメント、TB大歓迎です(^O^)

クリックしてくださぁい☆

FC2 Blog Ranking
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログ 映画備忘録へ
にほんブログ村
-------- -- --:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
2014-03-15 Sat 00:00
ウーマン・イン・ブラック 亡霊の館
ウーマン・イン・ブラック 亡霊の館 [DVD]ウーマン・イン・ブラック 亡霊の館 [DVD]
(2013/06/04)
ダニエル・ラドクリフキーラン・ハインズ

商品詳細を見る

【THE WOMAN IN BLACK】
制作国:イギリス/カナダ/スウェーデン 制作年:2012年

19世紀末のロンドンに暮らす若き弁護士アーサー・キップスは、
4年前に愛妻ステラを亡くして以来、失意のどん底に沈んでいた
。そんなある日、事務所の所長から新たな仕事を命じられた彼
は、ひとり息子ジョセフをロンドンに残し、田舎町クライシン・
ギフォードへの出張に旅立つ。列車を乗り継いで現地に着いたア
ーサーに課せられたのは、最近他界したアリス・ドラブロウ夫人
の“イールマーシュの館"に赴き、彼女の遺言書を見つけ出すこ
と。ところが沼地の島にぽつんとそびえ立つ館にはただならぬ陰
鬱なムードが漂い、謎めいた“黒衣の女"が森や窓辺に出没する。
やがてこの館の忌まわしい過去と、町の大勢の子供たちが相次い
で変死している事実を探りあてたアーサーは、自らも恐るべき呪
いの連鎖に巻き込まれていくのだった……


出演:ダニエル・ラドクリフキーラン・ハインズジャネット・マクティア
監督:ジェームズ・ワトキンス
脚本:ジェーン・ゴールドマン
原作:スーザン・ヒル


いざ。
ダニエル君とお化け屋敷探検しましょう♪
ってな映画だったな。

ゴシック・ホラーで、雰囲気的にはグ~v(=∩_∩=)
ただ、ストーリー運びと驚きは今ひとつ。
中盤はちょっとダレちゃったかな・・・。
やっぱアメリカとはテンポが違うな。
ラストはけっこう好き。

↓↓↓ ココは好き ↓↓↓
〇何回も書くけど、映画自体の雰囲気。
 ちょい時代ものなので、馬車や乗り物。
 家具など見るのが楽しい。
 お人形やオモチャもアンティークで怖いけどオシャレ。
 猿の玩具、欲しい!!!
〇エグぃ場面はないので、ホラー苦手な人でも
 大丈夫じゃないかな。

ダニエル・ラドクリフ
もう彼はハリー・ポッターじゃないよ。
お父さん役だって演じられる年齢になった。
子供時代を知ってる皆からすれば、この成長は
嬉しいもんだよね。
相変わらず綺麗な瞳をしている。

キーラン・ハインズ
ハリー・ポッターシリーズで共演したこともある
俳優さん。大柄な役者さんだ。



ダニエル君の息子役の子が超キュート!!!


mia☆mia
スポンサーサイト
別窓 | サスペンス・ホラー | コメント:6 | トラックバック:5 |
<<テッド | miaのmovie★DIARY | 逃走車>>
この記事のコメント:
ダニエル君がお父さん役を演じるなんて年月を感じるな~
ちょっとふっくらして横幅も成長してましたね(^▽^;)

ゴシック調の暗いムードはすごく良かったですよね!
ホラーとしては、そんなに怖さはなくて、まあまあでした。

ダニエル君、クライマックスでドロドロになって、
凄く大変な思いをしてましたね。
あれは役でもやりたくなかったでしょうね(^^;
2014-03-15 Sat 17:25 | URL | YAN #9L.cY0cg[ 内容変更]
> ダニエル君がお父さん役を演じるなんて年月を感じるな~
> ちょっとふっくらして横幅も成長してましたね(^▽^;)

こないだまで真ん丸眼鏡かけてた少年でしたのにねぇ。
>
> ゴシック調の暗いムードはすごく良かったですよね!
> ホラーとしては、そんなに怖さはなくて、まあまあでした。

アメリカのどわ~~~~っって感じのホラーに慣れてるから
どうも大人し目に感じますよね。
上品な作品でした☆

> ダニエル君、クライマックスでドロドロになって、
> 凄く大変な思いをしてましたね。
> あれは役でもやりたくなかったでしょうね(^^;

ほんとですよ。アレはいやだったでしょうねー。
あのシーンがあっても無くてもギャラは同じなのかなぁ
(またまたしょうもないことをスィマセン)
2014-03-16 Sun 18:06 | URL | mia☆mia #-[ 内容変更]
面白いのは、恐怖演出の丁寧さと2つにとれるラストだと思います
「怖い!ひえ~~~」なんてのは、「エクソシスト」とかにまかしとけばいいんです
上品なゴシック調の雰囲気が味わえるのは英国ならでは。
明かりの動きで目の位置が変わる人形たちや首吊り女がぶら下がってるみえる演出など、雰囲気バッチリでしたね!
このあとダニエル君の、ハリー一作目をみると、感慨深いですよ
2014-03-17 Mon 09:49 | URL | maki #jQTfdwCM[ 内容変更]
> 面白いのは、恐怖演出の丁寧さと2つにとれるラストだと思います

ワタシはバッド・エンドの方にとりました。
天国で過ごすのは何十年か後の方が幸せですよね。
それより、呪縛は残るわけですからこれから先も犠牲者が増えそうですよね。
いつも思うけど、執念深いのって日本も外国も女性ばっかなのはナンデダロ。

> 「怖い!ひえ~~~」なんてのは、「エクソシスト」とかにまかしとけばいいんです
> 上品なゴシック調の雰囲気が味わえるのは英国ならでは。
> 明かりの動きで目の位置が変わる人形たちや首吊り女がぶら下がってるみえる演出など、雰囲気バッチリでしたね!
> このあとダニエル君の、ハリー一作目をみると、感慨深いですよ

映像の雰囲気はとてもよかったですよね。綺麗でした。
細かな演出はミゴトでしたよね♪
ハリー一作目、そうですね^^一作目はとても面白かったので又見てみたいと思います。
2014-03-17 Mon 15:58 | URL | mia☆mia #-[ 内容変更]
[]
ハリー・ポッターやってた子がもうお父さん役をやってるという事にまず驚かされますよね~。
これからも俳優として頑張っていってほしいです。

映画としては、古典的な恐怖演出と、建物や服などの美術が素晴らしかったです。
不気味な人形が動き出したりするシーンは、「モンスターズ・ユニバーシティ」で人間を驚かすサリーたちを思い浮かべてしまいました(笑)

ただ、悪霊の設定がどうも好きになれなくて…。
mia☆miaさんのコメントで「執念深いのって日本も外国も女性ばっかなのはナンデダロ」と書いてらっしゃるように、なんとなく偏見や悪意を感じてしまったんですよね。
後味も悪いし、「リング」かよと思ってしまいました(汗)
2015-01-31 Sat 15:18 | URL | 宵乃 #K4YeSyNc[ 内容変更]
> ハリー・ポッターやってた子がもうお父さん役をやってるという事にまず驚かされますよね~。

ほんとに!!自分も年とるはずです(~_~)

> 映画としては、古典的な恐怖演出と、建物や服などの美術が素晴らしかったです。

ですね^^雰囲気はとてもステキでしたね。
それが見られただけでいいかって感じの映画でした。

> 後味も悪いし、「リング」かよと思ってしまいました(汗)

綺麗にまとまったけど、結局死んじゃいましたもんね。
あの悪霊、しつこすぎですよね!!
子供だけでも助けてあげて(;_:)

2015-01-31 Sat 17:45 | URL | mia☆mia #-[ 内容変更]
コメントの投稿

管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック:
トラックバック URL

FC2ブログユーザー専用トラックバック URL
ゴシック・ホラーの雰囲気はいいよね・・・ ダニエル・ラドクリフくんの演技がどうも残念で・・・ THE WOMAN IN BLACK 監督:ジェームズ・ワトキンス 製作:2012年 イギリス・カナダ・スウェーデン 上映時間:95分 原作:スーザン・ヒル 「黒衣の女 ある亡霊の物語」 出演:*ダニエル・ラドクリフ *キアラン・ハインズ *ジャネット・マクティア ... …
2014-03-15 Sat 17:26 RockingChairで映画鑑賞
ダニエル・ラドクリフ主演。全体に陰鬱な空気が流れるゴシックホラーの趣がいいね! 弁護士として働くアーサーは妻に先立たれ、悲しみにから抜け出せないでいた。そんな中、彼は仕事で田舎町に建つ館へ赴き、亡くなった家主の遺品を整理することになる。しかし、黒いローブをまとった女がみえるようになったり、町の子供たちが次々と怪死している事実を知ったアーサーは、現地で知り合ったサムとともに、館にまつわる真実... …
2014-03-17 Mon 09:46 いやいやえん
許さないわよ 黒衣の女公式サイト http://www.womaninblack.jp原作: 黒衣の女 ある亡霊の物語 (スーザン・ヒル著/ハヤカワ文庫)脚本: ジェーン・ゴールドマン  「キック・ア …
2014-03-21 Fri 16:06 風に吹かれて
雰囲気は良かったけど、あんまり怖くはなかったな。 …
2014-03-24 Mon 01:27 だらだら無気力ブログ!
原題:The Woman in Black 製作年:2012年  製作国アメリカ・カナダ・スウェーデン合作 最初から最後まで、只ただ暗~ぁい映画(ΤΤ) もちろん亡霊の館からして明るいはずは無いのだけれど・・ 何ていうか、主演のダニエル・ラドクリフが亡霊かと 思うくらいずっと同じ表情で暗いんだな(・∀・i) 物語も何か中途半端で、全体的に不気味な気配は漂わせてる... …
2014-03-27 Thu 16:13 映画健忘録
| miaのmovie★DIARY |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。