ハリウッド映画中心。キャストに重点をおいてレビューしてます。 主にWOWOWで鑑賞。 旧作につきましてはネタばれの場合がございます。

  映   画   小   僧   の   映   画   感   想


いらっしゃいませ♪ 

コメント、TB大歓迎です(^O^)

クリックしてくださぁい☆

FC2 Blog Ranking
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログ 映画備忘録へ
にほんブログ村
-------- -- --:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
2014-11-21 Fri 00:00
キャリー(1976年)
キャリー [DVD]キャリー [DVD]
(2013/10/25)
シシー・スペイセクパイパー・ローリー

商品詳細を見る

CARRIE
制作国:アメリカ  制作年:1976年

クラスメートにいじめられてばかりのキャリー。しかし、彼女には
隠されたパワーがあった。あるパーティで突然クィーンに選ばれ
有頂天になった彼女だが、それがクラスメートの残酷な悪戯であ
ったことを知る。舞台に立つキャリーに真っ赤な血が降り注ぎ、彼
女の悲鳴が、そして次の瞬間本当の惨劇が起こった──!


出演:シシー・スペイセクパイパー・ローリージョン・トラヴォルタほか
監督:ブライアン・デ・パルマ
脚本:ローレンス・D.コーエン
原作:スティーヴン・キング


2013年版と見比べるつもりで見てみた。
昔みたときほどショッキングな映像ではなかった。


~~ネタバレ~~
ココは好き↓↓↓
〇やたら無駄が多いというか、ワンシーンが
 長いトコロ(笑)   昔の映画ならではの『間』。
 シャワーシーンや、舞台上で恍惚とした表情で立つ
 シーン。トラボルタとアレンがいちゃつくシーンなど
 もうちょい短くても良いのでは?と思いながら
 見るのがヨイ。
〇炎の体育館から出てくる血まみれのキャリー。
 物凄い存在感だわ。


シシー・スペイセク
この人なくしては、この映画は成り立たない。
見た目で得してる人。
彼女が美女であったなら、もう今は映画界に
いないかも知れないな。

パイパー・ローリー
これで、ばあちゃん役だった女優さん。
口元がとっても上品でかわいいの。
それ故に、狂人とも言えるほど神を信仰している
のが似合わないような。

ジョン・トラヴォルタ
若いし、チャラぃなぁ。この頃。
「俺ってイケメン(って言葉はこの頃無かった)だろ」と
思いながら演じてるのが伝わってきた・・・・。

ナンシー・アレン
ダントツ可愛いよね。他のどの女優さんよりも
スタイルがよく顔もかわいい。
で、イジワルな女の子役もよく似合う。


最後はもの悲しさが残る映画だった。

もっと幸せになれる結末もあっただろうに。


mia☆mia

スポンサーサイト
別窓 | サスペンス・ホラー | コメント:6 | トラックバック:5 |
<<キャリー(2013年) | miaのmovie★DIARY | ローン・レンジャー>>
この記事のコメント:
いままでに見たデ・パルマ監督の映画のなかでは、いちばん好きかも!(こっそりと…制作国、年度、ちょっと違ってる? メールフォームがないので、ここに書いちゃってごめんなさい…。)
2014-11-21 Fri 21:23 | URL | ボー #0M.lfYJ.[ 内容変更]
[]
トラボルタは天狗っぽいし、今でも天狗っぽいんだけど、そこがトラボルタの特徴なのだと思います。
2014-11-21 Fri 22:24 | URL | ふじき78 #rOBHfPzg[ 内容変更]
僕も2013年版と見比べるつもりで鑑賞しました。
(2013年版は未見なのですが・・・。)

本作は何と言っても、主役のシシー・スペイク力!!
弱弱しく不思議な力を持った少女を見事に
演じていました。
あのクライマックスのフェイスは凄かったー。

mia☆miaさんのおっしゃる通り、最後はもっと
幸せな結末であってほしかったですね。
2014-11-21 Fri 22:26 | URL | ゆず豆 #-[ 内容変更]
> いままでに見たデ・パルマ監督の映画のなかでは、いちばん好きかも!(こっそりと…制作国、年度、ちょっと違ってる? メールフォームがないので、ここに書いちゃってごめんなさい…。)

教えて下さって助かりました♪直しました♪
デ・パルマは、【スカーフェイス】を劇場で見て、強烈なインパクトを受けました。
【殺しのドレス】【ボディ・ダブル】も好きな作品です^^

2014-11-22 Sat 21:48 | URL | mia☆mia #-[ 内容変更]
> トラボルタは天狗っぽいし、今でも天狗っぽいんだけど、そこがトラボルタの特徴なのだと思います。

自信のないトラちゃんなんて、トラちゃんじゃない!!!ですもんね^^
どの役柄でも笑顔がいっつも同じですが、それもこれも含めて好きです♪

2014-11-22 Sat 21:53 | URL | mia☆mia #-[ 内容変更]
> 僕も2013年版と見比べるつもりで鑑賞しました。
> (2013年版は未見なのですが・・・。)

そうなんですね♪是非見比べてくださいね。
ワタシは次回月曜にUP予定です。
ゆず豆さんの感想も楽しみにしてます。

> 本作は何と言っても、主役のシシー・スペイク力!!
> 弱弱しく不思議な力を持った少女を見事に
> 演じていました。
> あのクライマックスのフェイスは凄かったー。

もう、キャリーはシシーしかいないですよね。
クロエちゃんは演技派なので、そこそこなりきって
ましたが、あんな可愛いコが苛められるワケないもん。
シシーの表情は凄まじかったですね!
>
> mia☆miaさんのおっしゃる通り、最後はもっと
> 幸せな結末であってほしかったですね。

ほんと、切ない。
でもハッピーエンドであったならば、きっと売れてないと
思いますので、これでOKなのかな・・・(´・ω・`)
2014-11-22 Sat 21:59 | URL | mia☆mia #-[ 内容変更]
コメントの投稿

管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック:
トラックバック URL

FC2ブログユーザー専用トラックバック URL
キャリー役の女優さん(シシー・スペイセク)が、とにかく物凄いインパクト。彼女の演技力が全てといっても過言ではない作品でした。 プロムでのキャリーは本当に純粋で凄く可愛くなってましたね。だからこその悲劇のギャップがあるのですが…それでもラストのスーのあの展開は個人的には好きではなかったかなあ。 母と娘の歪んだ共生の描写もよかったです。全てから追いつめられたキャリー、あの幸せなプロムシーンが... …
2014-11-21 Fri 12:27 いやいやえん
「午前十時の映画祭」にて観賞。 …
2014-11-21 Fri 13:55 或る日の出来事
人気作家スティーブン・キングのデビュー作を『ブラック・ダリア』のブライアン・デ・パルマ監督が映画化した青春ホラー・ムービーです。主演は『ヘルプ 〜心がつなぐストーリー〜 ... …
2014-11-21 Fri 18:24 カノンな日々
1976年制作 米 監督:ブライアン・デ・パルマ ≪キャッチコピー≫ 『キャリーをいじめないで!  彼女が泣くと恐しいことが起こる……』 ≪ストーリー≫ 友人からも嫌われ、母親からも疎まれている、さえない容姿の女子高生キャリー。 だが彼女には怒りを引き金として念動力を発揮する力があった。 プロムの夜、悪質ないたずらとも知らずクィーンに選ばれたキャリーの頭上に、... …
2014-11-21 Fri 22:26 ゆず豆的シネマ鑑賞記
夏に面白い(怖い)ホラーがなかったので ちょこちょこ時間出来ては過去のホラー観直したり、DVDスルーになったの観てるの こちらは御存知、スティーヴン・キング原作で1976年にブライアン・デ・パルマ監督によって映画化した 有名なホラー 内気な女子高生キ... …
| miaのmovie★DIARY |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。