ハリウッド映画中心。キャストに重点をおいてレビューしてます。 主にWOWOWで鑑賞。 旧作につきましてはネタばれの場合がございます。

  映   画   小   僧   の   映   画   感   想


いらっしゃいませ♪ 

コメント、TB大歓迎です(^O^)

クリックしてくださぁい☆

FC2 Blog Ranking
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログ 映画備忘録へ
にほんブログ村
-------- -- --:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
2015-03-17 Tue 00:00
それでも夜は明ける

12 Years A Slave/それでも夜は明ける12 Years A Slave/それでも夜は明ける
(2014)
ベネディクト・カンバーバッチ、ルピタ・ニョンゴ 他

商品詳細を見る

12 YEARS A SLAVE
制作国:アメリカ/イギリス  制作年:2013年

1841年、奴隷制廃止以前のニューヨーク、家族と一緒に
幸せに暮らしていた黒人音楽家ソロモン(キウェテル・イ
ジョフォー)は、ある日突然拉致され、奴隷として南部の
綿花農園に売られてしまう。狂信的な選民主義者エップ
ス(マイケル・ファスベンダー)ら白人たちの非道な仕打
ちに虐げられながらも、彼は自身の尊厳を守り続ける。
やがて12年の歳月が流れ、ソロモンは奴隷制度撤廃を
唱えるカナダ人労働者バス(ブラッド・ピット)と出会い…。


出演:キウェテル・イジョフォーマイケル・ファスベンダーベネディクト・カンバーバッチほか
監督:スティーヴ・マックィーン
脚本:ジョン・リドリー


邦題タイトルの「それでも夜は明ける
・・・辛くて、明けてほしくないのにまた朝がきた。
・・・辛いけど頑張ってればいつか救われる。
どっちの意味?

~~ネタバレちょい含む~~
ココ好き↓↓
〇歴史の勉強になる。
 日本史ですらアヤフヤなのに、アメリカの
 歴史を学ぶなんてどうなんだろうと思いつつも
 見ないよりは絶対見た方がいいに決まってる。
〇賞をたくさん取っただけある。
 キャストの演技にも力が入ってる。
 製作者の気合も違うなって感じる。

キウェテル・イジョフォー
自由黒人。心無い人間に誘拐され
奴隷として売り飛ばされ12年間苦しむ。
すごく自然な演技をしてるよう見えた。
今は平和な(ちょっとは差別は残ってる
だろうけど)暮らしをしてる彼らが
当時の奴隷とされた人たちの気持ちを
想像しながら演じたんだよね。

ベネディクト・カンバーバッチ
オーナー。比較的「良い人」
彼のトコロでずっと居たならば、
ひょっとしたらソロモンは必死に逃げようと
しなかったかも知れないな。
いつも品格を感じる俳優さん。

マイケル・ファスベンダー
ソロモンの、長年の主人となる男。
鬼のような男である。
マイケルは、映画によって雰囲気が変わる。
ほんっとイヤなヤツなんだよ、この作品中ではね。
上手いナァ・・・。

ルピタ・ニョンゴ
エップスの所で働いてる奴隷の女性。
綿花を摘むスピードはナンバーワン。
見た目も美しいのでエップスに気に入られる。
でも、良いことはなにもない。
悲劇が彼女を襲い続ける。
ルピタはオシャレなモデルさん。
演技も上手だなんてね。

他にも名優たちが勢ぞろい。
ポール・ジアマッティ ポール・ダノ ブラッド・ピット
などなど。


mia☆mia

いつもアリガトウ。
スポンサーサイト
別窓 | ヒューマン・ドラマ | コメント:8 | トラックバック:7 |
<<ブルージャスミン | miaのmovie★DIARY | ダラス・バイヤーズ・クラブ>>
この記事のコメント:
[]
邦題は、希望的な意味でつけたのでなきゃ、やってられないですよね~。
人種差別は、いまもありますし…アメリカ南部だと労働力を得るのに奴隷制度は都合もよかったのだと思います。
人間ってねえ…。
2015-03-17 Tue 21:09 | URL | ボー #0M.lfYJ.[ 内容変更]
これは重くて長い映画ですよね。
でも「観なければ良かった」とは思いませんでした。
mia☆miaさんは『サラの鍵』って観ましたか?
あれも、重い人種差別の映画ですが、同じような印象を
受けましたよ。
観たくないけど、目をそむけてはいけない、そんな映画が
ありますよね。

☆「サラの鍵」私のサイトでも紹介してます。
http://movie.onayamigoto.com/movie58.html
2015-03-17 Tue 22:39 | URL | uki #-[ 内容変更]
先月、鑑賞してるけど・・・感想は未だかけてない^^;

ほんとに、この手の映画は何度観ても考えさせられるんだよね。
学校では学ばない知らない歴史はたくさんあるよね。
映画は学びやでもあるよね☆
私の世代なんてウソの歴史ばかり教えられてたみたい(苦笑)

人はなぜ、偏見、差別をするのだろう~
永遠のテーマなような気がする。

2015-03-18 Wed 13:18 | URL | デラ #-[ 内容変更]
> 邦題は、希望的な意味でつけたのでなきゃ、やってられないですよね~。

ですよね^^「明けない夜はない」という意味ですよね。

> 人間ってねえ…。

差別が全くなくなる世にはならないですよね。
人間って競うのが好きだし、人と比較して自分が
優位に立ちたいものなんですもん(>_<)

2015-03-19 Thu 09:35 | URL | mia☆mia #-[ 内容変更]
> mia☆miaさんは『サラの鍵』って観ましたか?
> あれも、重い人種差別の映画ですが、同じような印象を
> 受けましたよ。

未見です。WOWOWでも放映があったように思いますので
またチェックしてみますね。
ukiさんの記事もまた拝読します(^^)/
2015-03-19 Thu 09:36 | URL | mia☆mia #-[ 内容変更]
> 学校では学ばない知らない歴史はたくさんあるよね。
> 映画は学びやでもあるよね☆

生徒時代は歴史に全く興味なかったのに、今になって
世界史を勉強したいですよ~。
最近、ドンパチ映画よりも実話ものに惹かれます。

> 永遠のテーマなような気がする。

大きな差別は取りざたされて問題視されるけど、私たちの
生活の中でも小さな差別、区別はずっとありますもんね。

2015-03-19 Thu 09:40 | URL | mia☆mia #-[ 内容変更]
二重差別になっているところが
映画としては面白く感じるところですが
映画の話自体は、重かったですね…

実際の解放された黒人奴隷さんの背中の写真なんかをみると、あんなもんじゃすまなかったようではありますが。
(恐ろしい悪魔の爪あとが残っています)
2015-09-02 Wed 08:34 | URL | maki #jQTfdwCM[ 内容変更]
> 映画の話自体は、重かったですね…

自由黒人。。。。って初めて聞きました。
同じ肌色同士でも差別があったのですね。
映画は重かった~~~。
つい最近までこんな酷い差別があったなんて
嘘のようだけど、本当の話なんですよね。
実際にはもっともっとえげつなかったでしょうね。
2015-09-03 Thu 18:09 | URL | mia☆mia #-[ 内容変更]
コメントの投稿

管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック:
トラックバック URL

FC2ブログユーザー専用トラックバック URL
家畜ではなく平等であるべき同じ人間 公式サイト http://yo-akeru.gaga.ne.jp 原作はソロモン・ノーサップが1853年に出版した回顧録。 監督: スティーヴ・マックィーン  「S …
2015-03-17 Tue 15:09 風に吹かれて
□作品オフィシャルサイト 「それでも夜は明ける」□監督 スティーヴ・マックィーン □脚本 ジョン・リドリー □キャスト キウェテル・イジョフォー、マイケル・ファスベンダー、ポール・ダノ、       ベネディクト・カンバーバッチ、ポール・ジアマッティ、ブ... …
2015-03-17 Tue 18:03 京の昼寝〜♪
『SHAME シェイム』のスティーブ・マックイーン監督が実話を基に拉致され奴隷とされてしまった黒人音楽家の再び妻子に会うために生きた壮絶な人生を描いた伝記ドラマです。 出演は ... …
2015-03-17 Tue 21:04 カノンな日々
何が驚いたって、拉致されて強制的に奴隷にされたってこと。 …
2015-03-17 Tue 21:04 或る日の出来事
ある日突然に全てを奪われた男。 生活は一変し、様々な絶望と後悔を感じる日々が始まる。 自分のうかつさ、浅はかさ。 今まで自分は自分の住む場所しか見ていなかった。 しかし、直ぐそばに、このような世界があったこと。 自分は今まで見過ごしてきていた。 当たり前のことだと思っていた。 優秀で勤勉ならば大切に扱われるに違いない。 けれど、正しいことを言っても憎ま... …
2015-03-17 Tue 22:58 Heaven of the Cinema
評価:★★★★☆【4,5点】(招待券) TOHOシネマズ映画招待券を生まれて初めて頂きました(笑) …
【概略】 突然誘拐され、奴隷として売られた黒人音楽家・ソロモン。差別と虐待を受ける日々を耐え忍ぶが、ある男との出会いが彼の運命を大きく変えることになる。 ドラマ 黒人差別問題が題材の映画は昔からあったけれど、表面上はなくなったとは言え根強く残っているからこそ何度も取り上げるのでしょうね。アメリカの負の歴史にスポットをあてた重厚で見ごたえのある作品です。しかし映画としては見て... …
2015-09-02 Wed 08:33 いやいやえん
| miaのmovie★DIARY |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。