ハリウッド映画中心。キャストに重点をおいてレビューしてます。 主にWOWOWで鑑賞。 旧作につきましてはネタばれの場合がございます。

  映   画   小   僧   の   映   画   感   想


いらっしゃいませ♪ 

コメント、TB大歓迎です(^O^)

クリックしてくださぁい☆

FC2 Blog Ranking
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログ 映画備忘録へ
にほんブログ村
-------- -- --:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
2015-11-03 Tue 00:00
ダーク・ブラッド

DARK BLOOD
制作国:アメリカ/オランダ  制作年:2012年
アメリカ西部の砂漠地帯。かつて白人によって奪われ、
核実験が繰り返されたその土地は、今では荒野がどこまでも
広がる、この世の果てのような場所。ある夜、車が故障して立
ち往生していたハリー(ジョナサン・プライス)とバフィー(ジュデ
ィ・デイヴィス)の夫婦は、小さな光に導かれるようにして一軒
の小屋に辿り着く。そこには、ネイティブ・アメリカンの血を引
いた青年ボーイ(リヴァー・フェニックス)が、妻を白血病で亡く
して以来、社会との関係を断ってたった一人で暮らしていた。
もうすぐ世界の終わりが来ると信じている彼は、美しいバフィ
ーを一目見て生きる本能を目覚めさせていき、バフィーもまた
ボーイの妖しく不思議な精神世界に惹かれていく。一方、俗世
そのもののようなハリーはボーイと事あるごとに衝突。
灼熱の大地で3人は次第に緊迫の度を深めていくのだがーー。

出演:リヴァー・フェニックスジュディ・デイヴィスジョナサン・プライス
監督:ジョルジュ・シュルイツァー
脚本:ジョルジュ・シュルイツァー


23歳で急逝したリヴァー・フェニックス主演。
未完のフィルムがついに完成。

~~ネタバレあります~~
ここスキ↓↓↓↓
〇彼のファンなら必見だよね。
  登場シーンが少なく、上手くナレーションで
  誤魔化している。
  だから未だ撮り終えてないシーンがどこなのか
  が分かる。
  肝心の場面やラストは先に撮ってたんだね!!
〇内容は中途半端なミステリー&サスペンス
  だった。徐々に追い詰められていく夫婦の
  緊迫感は伝わってきたが、もうちょっとドカンと
  くるものがあればヨカッタ・・・。難しいよね。

リヴァー・フェニックス
インディアンの血を引く青年。
バフィに惹かれていく。
リヴァー・・・痩せてんなぁ。
このときに既にコカイン中毒だったんだもんね。
瞳はイキイキして見えるけど、やっぱり不健康
そうなのが全面に出てる。
亡くなって20年。
この映画が世に出たこと、彼は天国で喜んで
いるだろうか。
  
ジュディ・デイヴィス
砂漠で足止めされた「女優」。
見たことない人だけど、何となく
懐かしさと、古いファッションの筈なのに
今風のおしゃれ感を感じた。

ジョナサン・プライス
「女優」の夫。彼も俳優だが、あまり売れていない。
夫婦間冷めてたけど、このことにより愛が蘇る。
何度も死にかけるものの無事帰還。
ジョナサンは年に1度は売れる映画に出てる俳優さん。


リヴァーの黒髪は、ちょっぴり微妙だったな(-_-)


mia☆mia

拍手ありがとうございます♪
スポンサーサイト
別窓 | サスペンス・ホラー | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<KRISTY クリスティ | miaのmovie★DIARY | あの日、欲望の大地で >>
この記事のコメント:
mia☆miaさんコンバンハ!
「インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア」に出演決まっていたのはしっていましたが、そうか、こんな作品あったんですね。思い出せなかったです。撮影途中だったとは・・・(涙)。。。

私が中学生の時に来日したりもしていて、当時雑誌とかも一生懸命買っていたくらい好きでした。亡くなった翌日に、新聞でニュースを読んでもう本当にショックで。今思い出しても胸が痛くなります。

今生きていたら、どんな俳優さんになっていたかなぁと時々思います。mia☆miaさん、素敵な作品のご紹介をありがとうございました!!
2015-11-03 Tue 20:55 | URL | はなまるこ #mHZ/BfkA[ 内容変更]
> 撮影途中だったとは・・・(涙)。。。

本当の本当に最後の遺作ですね。
重要シーンは先に撮り終えてたので日の目を見たんでしょうね。

> 今生きていたら、どんな俳優さんになっていたかなぁと時々思います。

はなまるこさんはリヴァーのファンだったのですね☆
ワタシもリヴァーの死はショックでした。同年代ということもあり
これからの活躍が期待されてた演技派だったから。(;_:)
今生きてたら、絶対渋くてどんな役柄もこなせる名優になってたに
違いありませんね。
お世辞にも「面白い作品」とは言えないけれど、最後の彼を見られる
作品ですから、機会があればご覧になって感想聞かせてくださいね!
2015-11-07 Sat 17:44 | URL | mia☆mia #-[ 内容変更]
コメントの投稿

管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック:
トラックバック URL

FC2ブログユーザー専用トラックバック URL
| miaのmovie★DIARY |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。