ハリウッド映画中心。キャストに重点をおいてレビューしてます。 主にWOWOWで鑑賞。 旧作につきましてはネタばれの場合がございます。

  映   画   小   僧   の   映   画   感   想


いらっしゃいませ♪ 

コメント、TB大歓迎です(^O^)

クリックしてくださぁい☆

FC2 Blog Ranking
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログ 映画備忘録へ
にほんブログ村
-------- -- --:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
2011-04-11 Mon 00:00
ブーリン家の姉妹
ブーリン家の姉妹 コレクターズ・エディション [DVD]ブーリン家の姉妹 コレクターズ・エディション [DVD]
(2009/04/01)
ナタリー・ポートマン、スカーレット・ヨハンソン 他

商品詳細を見る
【The Other Boleyn Girl 】

2008年 アメリカ/イギリス

時は16世紀イングランド。20年にわたる結婚で皇女メアリーしか
もうけることが出来なかったヘンリー8世(エリック・バナ)は、男子の
世継ぎを産むための愛人を探していた。
一族の富と権力を高めるため、新興貴族のブーリン卿は自慢の娘アン
(ナタリー・ポートマン)を差し出す。しかし、王が見初めたのは清純で
心優しい妹のメアリー(スカーレット・ヨハンソン)だった。王の寵愛を
射止めるのは2人のどちらなのか…。
断頭台の露と消えた悲劇の王妃アンと、知られざる妹メアリー。
ブーリン家の2人の姉妹の間で繰り広げられた熾烈で華麗なバトルに隠され
た愛の真実とは? 
いま明かされる、エリザベス1世誕生の秘密がここにある!


出演:ナタリー・ポートマン/スカーレット・ヨハンソン/エリック・バナ
    ジム・スタージェス /エディ・レッドメイン /アナ・トレント
監督:ジャスティン・チャドウィック
脚本:ピーター・モーガン
原作:フィリッパ・グレゴリー


いやはや。
これ実話なんだねー。昼のメロドラマ(死語)を地で行くストーリー展開に
口あんぐり
何しろ勉強嫌いで世界史は特に苦手だった自分が憎い。
時代背景、登場人物・・・よく分からないのだぁ。
そんな世界史赤点の自分でも、さすがにアン王女とエリザベス1世
の名前くらいは知っている。
それ以外は無知だったので、この映画を観て色々勉強になった。
今ならきっと世界史の試験60点は取れるかと!!

なんちゅうてもね。
CASTみんな演技うまいっ。お姫様衣装に身を包まれたナタリー・ポートマン
全く違和感なし。
この方は時代劇ファッションが似合うね。
彼女が演じるのは。・・・
野心むき出しな性格は叔父さん似(?)ノーフォーク公爵とは血の繋がりはないようだが。
それとも一見大人しそうに見えて、実は計算高いトーマス・ブーリン卿似?
じらし作戦で王の心を射止めるアン。
ちょっと前まで、ナタリーは美人だけど色気は無いかもなんて思ってたけど・・。
大間違いデシタ。
むちゃくちゃ色っぽいっす。

最初から最後まで、ぐいぐい目を惹きつけられるナタリーの演技に対し、スカーレット・
ヨハンセン
は、やさしくお淑やかながらも芯の強い女を演じる。
移り気で現代に生きてたら火あぶりもの(?)のタラシ野郎のヘンリー8世を
ただひたすら静かに愛し、姉や両親からのひどい仕打ちにも耐え、生涯を生き抜いた
妹メアリー。
とっても難しい役どころを見事に演じてたっ♪
ナタリーがドレス似合うのは分かってたけど、彼女がクラシカルな衣装をここまで
着こなせるとは想定外だったぁ。薄めの眉もイィ。

俳優たちを盛り立ててくれる舞台や衣装もすごく豪華。
元々、西洋の時代物の衣装を観るのが好きだが、この映画でもとても楽しませてくれた。
内容が面白くないときは、ひたすら衣装のレビュー書いて誤魔化してるけど、
この映画では衣装に触れてる時間なし。
実際のところ、ストーリー展開に目が離せなかったので、もう1度ゆっくり衣装だけ
観直してみたいと思う。

アンに蹴落とされてしまうキャサリン王妃役のアナ・トレントもよかったなぁ。
出番はそんなに多くは無いけど、存在感あったぁ。
きりっとした気高い王妃に憧れたヨ。
鐚可哀相な役どころがアンの弟ジョージ。
【アクロス・ザ・ユニヴァース】でチェックしたので、ジム・スタージェス
イギリス人であることは承知。
貴族の衣装もバッチリ似合ってたな。
エリック・バナのヘンリー8世は、もちろんのことヨカッタ。
えーと、彼はオーストラリア人な筈。
でも、自分にはオーストラリア英語もアメリカ英語もイギリス英語も全部同じに聞こえる
ので問題なし。                   

それにしても。
日本も西洋も、昔は男社会。
どんなに賢くても野心を持ってしても女は男のおもちゃ愛玩にしか過ぎなかった
のだろうか。
王様を手の平の上で転がしてた筈の王妃でさえ最期はアレやもん。悲しいね。

あと、思うのは因果応報ってあるねぇぇ。
皆さんもこの映画を観られたら、つくづく感じられるとオモウ。     コワイコワイ


mia☆mia


応援クリックいつもありがとうございます☆

にほんブログ村 映画ブログ 映画備忘録へ
 
にほんブログ村 映画ブログへ


               FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集




スポンサーサイト
別窓 | ヒューマン・ドラマ | コメント:6 | トラックバック:1 |
<<メグ・ライアンの男と女の取扱説明書 | miaのmovie★DIARY | あなたは私のムコになる>>
この記事のコメント:
おはようごじゃいました、mia☆さん!

ナタリーとスカヨハのドロドロな愛憎劇、いやはや怖いですなぁ
まさにコテコテな昼ドラみたいな設定
だけど凄く面白かった! 満点でした♪

こういう煌びやかな中世ヨーロッパは凄く憧れるー
高貴な衣装を身にまとって 豪華な料理を食べて
美女をはべらして お馬さんに乗ってハイヤー なんてね☆

でもタイムスリップが可能なのであれば
確実に圧制に苦しむ貧民になってるだろうあたくし(笑)
2011-04-11 Mon 10:27 | URL | 猫人 #-[ 内容変更]
女の業は怖いですもんね。
係わり合いになりたくない世界なのは間違いないです。
因果応報・・・・
確かにあると思ってます!!
-----

2011-04-11 Mon 14:25 | URL | ぽるて #-[ 内容変更]
> おはようごじゃいました、mia☆さん!

いつもありがとうございます!!

> ナタリーとスカヨハのドロドロな愛憎劇、いやはや怖いですなぁ
> まさにコテコテな昼ドラみたいな設定
> だけど凄く面白かった! 満点でした♪

面白かったですよねー。この作品、自分も大好きです!
ドラマはどろどろしてるほど楽しい(笑)

> こういう煌びやかな中世ヨーロッパは凄く憧れるー
> 高貴な衣装を身にまとって 豪華な料理を食べて
> 美女をはべらして お馬さんに乗ってハイヤー なんてね☆

ダンパ・・・・じゃなくて舞踏会♪
合コン・・・・・じゃなくて晩餐会♪
毎日楽しそうですもんねぇ。
コルセットがきつくなりそう。

> でもタイムスリップが可能なのであれば
> 確実に圧制に苦しむ貧民になってるだろうあたくし(笑)

同じくです(笑)
2011-04-11 Mon 17:36 | URL | mia☆mia #-[ 内容変更]
> 女の業は怖いですもんね。
> 係わり合いになりたくない世界なのは間違いないです。
> 因果応報・・・・
> 確かにあると思ってます!!

姉妹で1人の男を取り合うわけです。
どろどろしない方がおかしい・・・・。
どろどろですが面白かったので機会があれば是非☆
2011-04-11 Mon 17:37 | URL | mia☆mia #-[ 内容変更]
ブーリン家の姉妹って日本語の題名だと知的な感じがするんですけど映画ではジ・アザー・ブーリン・ガールって砕けた軽い感じですね!(^^)! ナタリー・ポートマン主演だからレンタルしたけど他の女優さんだったら観る気しないかもなぁ... でも、内容そんなにもわるくなかったですね。歴史映画って戦争とかなかったら堅苦しく想ってたけど、女王の苦しみってドラマも感動するもんですね。ナタリーが華奢過ぎて女王って感じしないけど、まぁ可愛いのでよしとしましょう(笑) 同時期に宮廷画家ゴヤは見たっていう映画も公開されてましたね。こないだレンタルして観ました。こちらの方がナタリーの魅力を生かせてます。ナタリーの顔がアジアンチックで観ていて可愛いと想いますよね。誰もが彼女を可愛いと想ったと想います。でも、アン・ブーリン役には、もうちょっと貫禄のある女優さんでもよかったかなぁ... エリザベスのケイト・ブランシェットみたいにね(>_<) ブーリン家の姉妹は、内容がよかったですね。ラストで小さな女の子を、まるでバケモノみたいに 『エリザベス』 って言って終わりましたが... 末恐ろしいって感じですね。有名なエリザベス一世のお母さんの物語もちゃんと映画化されるんですね。しかもナタリー・ポートマンで... 私は、ブーリンという名字が、どうしても昔の漫画の飛んでブーリンを想い起させてしまうのです(笑) かりんちゃん元気? って(笑)
2012-06-04 Mon 02:25 | URL | レター #-[ 内容変更]
> ブーリン家の姉妹って日本語の題名だと知的な感じがするんですけど映画ではジ・アザー・ブーリン・ガールって砕けた軽い感じですね!(^^)! ナタリー・ポートマン主演だからレンタルしたけど他の女優さんだったら観る気しないかもなぁ... でも、内容そんなにもわるくなかったですね。歴史映画って戦争とかなかったら堅苦しく想ってたけど、女王の苦しみってドラマも感動するもんですね。ナタリーが華奢過ぎて女王って感じしないけど、まぁ可愛いのでよしとしましょう(笑) 同時期に宮廷画家ゴヤは見たっていう映画も公開されてましたね。こないだレンタルして観ました。こちらの方がナタリーの魅力を生かせてます。ナタリーの顔がアジアンチックで観ていて可愛いと想いますよね。誰もが彼女を可愛いと想ったと想います。でも、アン・ブーリン役には、もうちょっと貫禄のある女優さんでもよかったかなぁ... エリザベスのケイト・ブランシェットみたいにね(>_<) ブーリン家の姉妹は、内容がよかったですね。ラストで小さな女の子を、まるでバケモノみたいに 『エリザベス』 って言って終わりましたが... 末恐ろしいって感じですね。有名なエリザベス一世のお母さんの物語もちゃんと映画化されるんですね。しかもナタリー・ポートマンで... 私は、ブーリンという名字が、どうしても昔の漫画の飛んでブーリンを想い起させてしまうのです(笑) かりんちゃん元気? って(笑)

レターさんはナタリー・ポートマンお気に入り女優さんなんですね。
ワタシは、妹役のスカーレット・ヨハンセンが押さえた演技で実によかったと思いました。
飛んでブーリンって何かわからなかったのでググってみたら、漫画なんですね。
アニメも見たことなかったです。
レターさんは趣味が幅広いですね。
2012-06-04 Mon 17:22 | URL | mia☆mia #-[ 内容変更]
コメントの投稿

管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック:
トラックバック URL

FC2ブログユーザー専用トラックバック URL
愛したのは同じ“一人の男” 妹はただ王を愛し、姉は王妃という地位を望んだ… 【感想】 王位継承者である男児に恵まれない中世イングランド そんな時代に輝かしく そして儚く生 …
2011-04-11 Mon 10:18 Recommend Movies
| miaのmovie★DIARY |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。